キッチンのガスコンロが格段に進化しています。交換リフォームはとても簡単で、ビルトインタイプでも1時間程度で終了。特に注目したいのが魚焼きグリル部分です。手間のかかる料理も自動でやってくれるので、その日から料理上手に!魚焼きの後でパンを焼いても、魚臭くならない理由もご紹介します。

ガスコンロの交換リフォームで掃除がラクに、人気のゴトクの色は黒

ガスコンロの悩みと言えば、ベタベタの油汚れのこびりつき。こすってもこすっても落ちず、うんざりしている人も多いのでは?ガスコンロの交換リフォームをすると、この食後の手間がぐんとラクになります。

キッチンのコンロ

最新ガスコンロがずらりと並んだ東京ガス横浜ショールームのお料理教室


古いタイプのガスコンロは吹きこぼれたら、プレートにすぐにこびりついて、ゴシゴシこする必要がありました。ゴトクもすぐにべたべたになってしまい、洗うにも重くて大きいので取り回しが大変でした。

最新のガスコンロは、これらの掃除の手間が格段に進歩しています。まず吹きこぼれ防止機能が進化しているので、吹きこぼれる手前で自動で火力を調整してくれるタイプが登場しています。

また油ハネをしても、表面がつるつるのガラストップなら、さっと拭きとるだけでキレイに。最近ではまたそこから進化して、水で拭くだけでつるりと取れる親水性コートや、バーナーまわりの表面温度の上昇を抑えることで焦げ付きを軽減、更に掃除がラクなタイプもあります。

ガストップの温度

バーナーまわりの表面温度の上昇を抑えることで焦げ付きを軽減、更に掃除がラクなタイプも(画像提供/東京ガス)


気になるゴトクは、小さく軽くなり、食後にそのまま食器洗い機に入れて洗えるものも。これなら料理後の掃除がかなりラクになりそうです。ちなみにゴトクで人気の色は汚れが目立たない黒だそう。ステンレスのゴトクは焼き付きで色が変わるので、気になる人は要注意です。

最新ガスコンロは自動で魚を焼いて、ご飯を炊いてくれる

最新のガスコンロは自動で料理をしてくれる機能が充実しています。中には、土鍋にお米と水を入れたらスイッチ1つで自動でご飯が炊きあがって火が消える機種も。魚はグリルに入れたら、ちょうどいい焦げ目がつくまで焼いてくれて、自動でスイッチオフしてくれます。

これなら料理が苦手な人でも、ご飯が上手に炊けて、魚も上手に焼けそうです。つまりガスコンロの交換リフォームで、料理が格段に進歩する可能性が!今やコンロが料理をする時代です。

鍋料理

自動調理が得意なガスコンロ。土鍋ご飯も自動的な火加減で美味しく炊ける(画像提供/東京ガス)


他にガスコンロが得意な料理として揚げ物があります。油の温度を一定に保ってくれるので、加熱し過ぎの危険や、低温すぎてべたべたになる心配がありません。天ぷらを揚げる際に、つい入れすぎて油の温度が下がってしまうガイドYuuには、この機能が欠かせません。

また意外に便利なのがホットケーキやパンケーキを焼く時です。一定の温度で焼くことができるので、とてもきれいなキツネ色に焼けます。

ガスコンロの交換リフォームではグリル部に注目、オーブンとして使える

さてこれだけ進化しているガスコンロですが、一番スゴイ進化は、やはり魚焼きグリルの部分でしょう。今までは掃除がし難い、狭くて魚が入り難いなど敬遠していた人も多かったのではないかと思います。実はガイドYuuも以前は使わないまま、魚を焼くときは別にロースターを使っていました。

最新の魚焼きグリルは、まず網が無い!そして水が不要と、驚くべき進化を遂げています。もちろん掃除がしやすい様々な工夫が凝らされていて、内部が大きく広くなったので、本格的なオーブンとして使えるタイプもあります。

オーブン料理もできる

最新のグリルは魚を焼くだけでなく大活躍。ここをどう活かすかで、料理の幅の広がりと手間が変わる(画像提供/東京ガス)


ガスコンロのグリルは、直火であぶりながら対流でじっくり火を通すので、表面のパリッと感はさすがのひとこと。ローストチキンなどの焼き物はもちろん、ピザ、パン、お菓子なども上手に焼くことができます。

今や魚焼きグリルというより、本格的なマルチオーブンとしての存在感を放つグリル部。値段や機種によって機能が異なりますので、ガスコンロの交換リフォームの際には、グリル部をどう活かすか考えて選びましょう。

コンロの魚焼きグリルでパンを焼いても魚臭くない理由

トースト

魚焼きグリルで美味しく焼けるのがトースト。カレーパンの温めなおしもカリカリに仕上がる。

魚焼きグリルで美味しく焼ける意外なものがトーストです。直火+対流の効果で外側はパリッと、中はしっとり焼きあがります。またカレーパンの温めにもオススメで、余分な油が落ちてカリカリに仕上がります。

グリルでパンを焼くと魚の臭いがうつりそうと心配する人もいますが、実はその心配は不要です。

と言うのも、焼いている間は水分を出すだけで吸わないので、臭いを吸いこむことがほとんど無いのだそう。だからグリルでパンを焼いても、生臭くなく美味しく焼けるというワケです。グリルをオーブン代わりに使うことができれば、キッチンまわりがスッキリ片付きそうです。

 

現在はガスコンロは全口に安全センサー搭載、交換時期の目安は10年

ガスコンロの寿命はだいたい10年が目安です。コンロが着火しない時は、まずは電池の点検を、そして10年を過ぎて異常に火力が強くなったり突然消えるような現象が起きたら、そろそろ交換時期と考えていいでしょう。

また最新のガスコンロには全口に安全センサーが付いています。これは家庭用コンロによる火災の多くが調理油の過熱によるものと考え、2008年10月から安全センサーの搭載が法令により義務付けられたからです。つまりそれより古いガスコンロには安全センサーが付いていないものもあるということ。我が家のコンロの年代を改めてチェックしてみましょう。

ガスコンロのリフォームの際の注意点、60cmから75cmへの交換も

ガスコンロの交換リフォームに掛かる時間は1時間程度で、とても簡単です。天板のサイズには75cm幅と60cm幅タイプがあり、意外と知られていないのが、元のサイズが60cmでも、75cmのコンロに簡単に入れ替えができることです。

ガステーブル交換手順

ガスコンロの交換リフォームは意外と簡単。60cm幅でも、75cm幅のコンロに交換できる(画像提供/東京ガス)


大型サイズのコンロにすると、ガス口同士の距離が離れるので、大きな鍋の取り回しがラクになります。まずは我が家のコンロのサイズを計ってみましょう。

ただし、ガスコンロと壁の間は規定以上の距離を確保する必要があります。防火上の離隔距離として、コンロと側面の壁までの距離は、60cm幅のコンロで15cm、75cm幅のコンロで7.5cm以上と決められていますので注意しましょう。またコンロを大きくしたら換気扇も大きくすることを忘れずに。

また最近のコンロの高さは、ほぼ22cmですので基本的に高さに違いはありませんが、古いコンロの場合、22cmより低いものもあります。その際は、取付けの際に調整して設置ができます。

掃除ラク、料理ラク、メニューのバリエーションが増える

毎日料理の際に必ずと言っていいほど使うガスコンロ。交換リフォームをすることで、掃除がラクに、料理上手に、そしてグリル機能によってメニューのバリエーションも増えそうです。もちろん値段によって機能は異なりますので、自分に必要な機能を見極めていきましょう。

さてコンロ以外にも、料理をラクにしてくれるのが食品庫の存在です。食品庫リフォームのポイントは、下記で詳しくご紹介していますので、あわせてご覧下さい。
また後片付けをラクにしてくれる食器洗い機ですが、アンケート結果からみんなが感じる便利な点と不便な点、上手な使い方を下記でご紹介しています。食器洗い機の導入を計画されている方は、どうぞご覧下さい。
【関連記事】



Copyright(c)2016 一級建築士事務所 Office Yuu,All rights reserved.

匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。