親が子供の個性を理解する大切さ

座り込む母子

       はじめて海を前にした幼児にも、様々な個性が現れます。

子供の個性を理解することで、子育てはぐんと楽になります。この記事では、子供の個性を理解するヒントと、その子の個性に合わせた接し方をみていきましょう。

例えば、生まれて初めて海辺に立った幼児を想像してみてください。大喜びで水の中へと走っていき水しぶきをあげる子、少しずつ水際へと近づきおそるおそる足を浸す子、打ち寄せては引く波に圧倒されビーチに座り込む子、親の身体にしがみついて泣きわめき決して水際に近寄ろうとしない子。

こうして、様々な個性が現れるものです。それでも多くの親が、「はじめての海」にキャッキャッとはしゃぐ我が子の姿を期待し、海に出かけるのではないでしょうか。そこで、「座り込む子」や「泣き叫ぶ子」を前に、がっかりしたり、イライラしてしまうこともあるかもしれません。

親子間の葛藤は、多くの場合、子供の「~したい/ ~したくない」という気持ちと、親の「~して欲しい/ ~して欲しくない」という気持ちの「かけ違い」から起こるものです。もし、子供の個性から発せられるサインを考慮することなく、親の意向のみを一方通行に当てはめるなら、親子間の葛藤は積み重なり、子育てはより苦しいものとなっていきます。

子供の個性を理解するとは、その子がすんなりできることと、その時点ではまだ難しいことを理解することでもあります。そうして、養育者自らが、その子に期待することを見直し、その子に合ったハードルを調整することが可能となります。すると、親子間の葛藤も減っていくというわけです。

冒頭の「はじめての海」を楽しめない幼児も、「そんな引っ込み思案でどうするの!」と背中を押し過ぎたり、「せっかく来たんだから!」と無理やり水に浸すよりも、その後も何度か海辺を訪ねることで、次第に波の音や砂の感触にも慣れ、海を楽しめるようになるでしょう。

個性とは、「優劣」のあるものではなく、それぞれ「いい面」や「気をつけたい面」があり、「違う」だけのことです。子供の個性を理解することで、その子の「いい面」を伸ばしてやりたいですね。では、どんな「個性のタイプ」があるのか、みてみましょう。

子供には「3つの個性タイプ」があります

子供の個性を尊重するには?

子供の個性を尊重するには?

個性の元となる「気質(temperment)」についての研究を長年続ける精神科医トーマス&チェス夫妻は、以下にあげる「3つの個性タイプ」を提唱しています。

1.外界に慣れやすいタイプ
周りの物事に対し穏やかな反応を見せ、順応性があり、新しい状況に出合っても、引きこもるよりは、踏み出していきます。

乳児期には、早いうちに規則的な食事や就寝スケジュールを確立し、新しい日課や、新しい食べ物や人々にも、比較的早く慣れる傾向にあります。大きくなるにつれ、ルールやゲームを素早く学び、新しい活動にもスムーズに参加でき、学校にも容易に適応します。約40%の子供が、養育者にとってこうしたあまり「手のかからないタイプ」に当てはまるとされています。

2.外界にゆっくりと慣れるタイプ
周りが気がつかないような細部まで敏感に感じ取るためもあり、新しい物事に出合うと、行動に踏み出すのに時間がかかる場合があります。「シャイ」とみなされることもあるでしょう。 約15%の子供が、この個性タイプに当てはまるといわれます。

3.外界に慣れにくいタイプ

新しい物事や思い通りにいかないことに対し、ところかまわず癇癪を起こすなど、強烈に反応する傾向にあります。乳児期には、定期的な寝食スケジュールを確立するのが難しく、日々の生活リズムや、新しい食べ物や人々に慣れるのにも時間がかかることもあります。約10%の子供に見られるといいます。

残りの約35%の子供は、上の1.2.3のタイプにすっぽりと当てはまるというよりは、それぞれの傾向を合わせ持つとされています。

公園や児童館など、子供が集まる場を思い出してみてください。一定数の割合で、こうした「個性のばらつき」が見られるのではないでしょうか。皆が皆、周りの状況にすぐさま慣れ、さっと楽しそうに遊び始めるわけではありません。

そして、「少数派」でもある「ゆっくりと慣れていく子」や、「慣れるのが難しい子」にも、それぞれ伸ばしてやりたい「いい面」があります。

では、どのような対応をすることで、その子の個性を伸ばしていけるのか、次のページで具体的に見ていきましょう。