恋はしなくてはいけないもの……ではない

恋はしなくてはいけないもの?と悩んでいる方への処方箋

恋ってしないといけないもの?


「好きな人がいない」「別に今、恋をする気になれない」「恋ってしないといけないものなの?」と悩んでいる人もいます。
そういう人は、どうしたらいいでしょうか?

恋は別にしなくてはいけないものではありません。無理にするものでもありません。
しようとしなくても、出会うべく人に出会ってしまうと、自然に恋に落ちてしまうからです。

ただ、恋をすると、人はワクワクして、幸せな気持ちになります。だから、多くの人が恋を求めるのでしょう。

今、恋をする気がない人は、わざわざする必要はありません。ただ、もしそれが単に「自分はモテないし……」といったコンプレックスから来ているのであれば、それは少し問題です。恋を勘違いしているからです。
 

不特定多数にモテるより、一人の人に好かれよう

別に不特定多数の人にモテる必要はありません。自分が「この人だ」と思う人に好かれればいいのです。
例えば、恋に落ちるまではいかなくても、「素敵だな」と好意を抱く相手はいませんか?
まずは、その人と付き合うまではいかなくても、好意を持ってもらえるくらいにはなりましょう。

好意を持ってもらうために大切なことは、「相手を喜ばせる」ことです。
相手に面白い話をしてみたり、相手が知りたがっている情報を教えてあげたり、何か親切な行為をしてあげると、相手はきっと喜びます。

好意を持っている相手が喜んでくれたら、心の中が温かくなりませんか?
それが、恋の喜びなのです。
恋というのは、相手に好かれることではなく、「自分が相手を想う」ことで成立するのです。

この幸せな気持ちを理解していたら、わざわざ恋を避ける必要はなくなるでしょう。

実は、「恋をする気ない」なんて言っている人の中には、恋に興味があるのに、自分にコンプレックスを抱いていることで臆病になっている人も多くいます。
そういう人は、ある“重要なこと”ができていません。それは、恋愛に限らず、大切なことです。
 

コンプレックスを抱いてる人は、まず自分を愛することから

コンプレックスから、恋に臆病になっている?

コンプレックスから、恋に臆病になっている?


自分にコンプレックスを抱いて、恋に臆病な人ができていないことは、「自分を愛する」ことです。

自分を人に薦められないから、恋ができないのであれば、自分を磨いて、人に“薦められるような人”に変わるしかありません。

体型に自信がない人は、ダイエットなどをした方がいいでしょうし、ルックスに自信がない人は、髪型やファッション、さらに女性の場合はメイクを変えるだけでも、随分、変わってきます。
性格が悪いのであれば、改善していくしかありません。収入や社会的ポジションにコンプレックスを抱いているなら、実力を向上させ、転職をするなりして、自信が持てる環境に身を置きましょう。

人を愛そうとする前に、まずは、自分を納得いくまで大切に磨き、きちんと愛することが大切です。

もしかしたら、自分ではコンプレックスだと思っていることでも、人にとっては欠点に見えないかもしれません。
中には、太った人が好きな人だっていますし、「物事を斜めから見るニヒルな雰囲気が素敵!」と思う人もいますしね。

でも、今の自分に自分が納得できないのであれば、まずは変えた方がいいでしょう。
そうしないと、いくら人に愛されても、「こんな自分を好きになってくれるはずはない」と愛を疑ってしまうからです。

また、自分に自信がない人は、人が自分をどう思うかで、自分の価値を測りがちです。
例えば、先ほどお伝えした「相手を喜ばせる行為」も、自分の能力を試すためにやりがちです。
そうすると、相手のためではなく、自分のための行為になってしまうので、やられる方にとっては押しつけがましさを感じてしまうこともあります。

相手を喜ばせるために大切なのは、「相手をよく見る」ことが大切です。「相手を通して、自分を見る」ことではありません。

独りよがりの行為は、相手の心に響きません。
だからこそ、上手に恋愛をするためにも、まずは自分に自信を持ち、人からの評価ばかりに囚われず、「自分はイケているんだ」と思えるくらいになることが必要なのです。

自分がどんな状態であっても、信じ、受け止める。これが「自分を愛する」ということです。
自分を愛している人は、心に余裕があるので、人のことも愛せます。そうすると恋の幸せを実感できます。

恋をしても、しなくても、どっちでいいので、まずはきちんと自分を愛せるようになりましょう。自分のコンプレックスから逃げたら、ダメですよ!

また、「恋はしなくてはいけないもの?」と悩んでいる人は、世間の常識に流されがちです。それを次のページで紹介します。

 

世間一般の価値観よりも、自分はどうしたい?

恋をしようが、しまいが、楽しい時間を

恋をしようが、しまいが、楽しい時間を


「恋はしなくてはいけないもの?」と悩んでいる人は、恋愛至上主義に流されています。
それでは、自分らしさを失ってしまいます。

何度も言いますが、恋は落ちようとしなくても、落ちてしまうものです。無理にする必要はありません。

人との出会いというのは、単なる偶然ではなく、人知を超えた何かしらの大きな力が作用していると言われています。所謂、「縁」というものです。
それは、本当に出会うべく人には、出会わなくてはいけない時に出会うようになっている、とも言えます。

ただ、究極なことを言ってしまうと、1人で生きていく運命を選んで生まれてきた人もいます。
自分らしく生きていて、そういう運命を選んできている人は、元々結婚願望がない人も少なくありません。
逆にそういう運命を選んできていても、世間の常識に流されて生きている人は、悩み、苦しみ、1人であることを孤独に感じ、生きていく場合もあります。

ただ、どっちにしろ1人である運命なら、楽しんで独身の人生を歩んだ方がいいのではないでしょうか?

極論を言ってしまうと、そんな運命はどうであれ、「恋ってしないといけないもの?」と悩むくらいであれば、あれやこれやと言い訳をしないで、とりあえず、恋愛をしてはどうでしょうか?頭でばかり考えずに、まずは経験してみるのです。

それで恋愛の楽しさを知る人もいれば、「1人の方がいい」「友達で充分」と思う人もいます。もし、そう思ったのであれば、フリーライフを楽しめばいいだけのことです。

周りがどうだ、ではなく、自分はどうしたら一番心地よいのか?を、きちんと自分の心と向き合って考えましょう。
それは、「周りから自分はどう見えるのか?」でも「世間一般的な価値観」でもなく、さらに「コンプレックスから、恋愛に逃げる」わけでもなく、です。

そうしたら、悩まなくなります。「自分が一番幸せな環境を今、選んでいる」と思えるからです。

逆に、心の底では「恋をしたい」と思っているのであれば、積極的に出会いを見つければいいのです。自分の意に沿った行動をすることが大切ですしね。
その代わり、いい恋愛をするためにも、自分に自信が持てるような行動も同時進行でやることは大切ですよ。

悩んでいる人は、無駄に悩んでいることも多いものです。何事も行動あるのみです。
恋をしたければ、恋に近づける行動を、逆にしたくなければ、しなくていいですし、その代わり、「なぜ恋をしなくてはいけないと悩んでいるのか?」について、きちんと自分と向き合った方がいいでしょう。
きっとそこに、自分の弱点や「幸せになるためのヒント」が隠されていますよ。

恋をしようが、しまいが、楽しい時間を過ごしましょうね!

【関連記事】
[お知らせ]
・新刊・電子書籍「幸せな恋愛をつかめる4つのステップ」(kindle版)が好評発売中!「出会う」「デートする」「告白する(告白される)」「付き合う」の4ステップでの注意すべきポイントを紹介しています!

・幸せになりたい女性に向けた、厳選したイイ記事を紹介するキュレーションサイト「HAPPY WOMAN NEWS」でニュースを発信中!

・今回のコラムも解説!公式ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」をぜひ、併せてご覧下さい!

4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」 毎週土曜日23時に更新!

 


【新サービス事前登録のご案内】
あなたの「経験談」を、誰かの役に立ててみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

「過去に不倫していたが、関係を断ち切った」「仮面夫婦状態だった配偶者と関係を修復した」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」などの、夫婦関係にまつわるご経験をお持ちの方を募集しています。

あなたの経験が、きっと誰かのチカラになります。副業としても、ぜひお気軽にご参加ください!(別途取材に応じていただけたた方には謝礼をお支払いいたします)

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。