今ある貯蓄と少ない年金で老後生活は送れますか?

このままでは老後が心配

このままでは老後が心配

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、内縁の夫と暮らす50代の無職の女性です。ファイナンシャル・プランナーの藤川太さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)

■相談者
ペコさん(仮名)
女性/無職/52歳
石川県/賃貸住宅

■家族構成
内縁の夫(自営業/54歳)、犬

■相談内容
3年前から内縁の夫(54歳)と暮らしています。結婚する予定はありません。貯蓄もなく、年金もないため、元気なうちは働いてもらうつもりです。私は、自分の年金(年額84万円)と貯蓄(アテにされたら困るため、金額など夫には言っていない)だけで老後生活を送れるでしょうか?そのために今しておくべきことはありますか?現在、体調がすぐれず、働いてはいません。生活費は内縁の夫の収入でやりくりしています。

私は、生活保護を受けていた親に育てられたため、自分の子どもには辛い思いはさせまいと、結婚後、必死で働いてきました。子どもは2人いますが、ともに自立し、結婚もしています。孫ができればわずかでも資産を残したい、そのために貯蓄もしたいと思っています。ちなみに、私の両親は他界し、兄弟もいません。よろしくお願いいたします。

■家計収支データ
「ペコ」さんの家計収支データ

「ペコ」さんの家計収支データ


■家計収支データ補足
(1)保険料の内訳
・本人/終身保険 (60歳払込終了、死亡保障200万円) =保険料:6,000円
・本人/医療保険(終身保障終身払い、入院1万円、女性疾病特約)=保険料:5,000円
・本人/がん保険(終身保障終身払い、入院1万円)=保険料:3,000円
・本人/共済(病気死亡400万円、病気入院4500円、手術特約、先進医療特約など)=保険料:3,000円

(2)投資について
投資信託は以前していたが150万円損し、以来二度としないと決めている。

(3)雑費について
愛犬が高齢のため医療費がかかっている。

■FP藤川太からの3つのアドバイス
アドバイス1:「貯めどき」をどれだけ継続できるか
アドバイス2:少ない資金で生活する術を身に付ける
アドバイス3:内縁の夫との「今後」を決めておく
 
アドバイスの詳細はこちら>>