敏感肌や肌の弱い人は「洗う」ことに気をつけたい

身体を洗っている女性

肌ケアでは「洗う」ことにも気をつけたい

敏感肌や肌が弱いとはどういうことでしょうか? 

肌は、表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっていて、表皮の部分がバリアのように様々な外敵から守ってくれます。敏感肌や肌が弱いとは、このバリア機能が低下している状態です。

バリア機能を保つには
  • 肌に雑菌が少なくて、肌が弱酸性であること
  • 保湿を保つことで、肌の乾燥を防ぐこと
が中心になります。

そのため、肌質の合わない洗浄、例えば洗浄力が強い石鹸で表面が粗いナイロンタオルなどのボディタオルでゴシゴシと洗うとバリア機能が低下して肌あれを悪化させてしまいます。

合成石鹸の多くはアルカリ性であり界面活性剤なので、洗浄力が強く肌の皮脂までしっかりと取りすぎてしまう可能性があります。また、硬い素材で刺激の強い洗い方をすると、表皮を傷つけてしまうことなどがあります。

実は、バリア機能を低下させないためのコツは、保湿剤を塗ることだけでなく「肌を守りながら洗う」ことにあります。

保湿剤だけでなく、洗浄料とタオルも自分の肌質にあったものを正しく選ぶことが肌あれの予防になります。

敏感肌や肌の弱い人にお勧めの洗い方

洗浄料は、洗浄力が高すぎず、ニオイや刺激の原因になる菌をきちんと取り除き、汚れを分解し、保湿性があり、刺激性が少なく、弱酸性であることが勧められます。先ほどお話ししたように、洗浄料でバリア機能が壊れてしまうと敏感肌や肌あれになってしまうからです。
上:バリア機能を低下させる洗浄(イメージ図)undefined下:バリア機能を守って洗う保湿洗浄(イメージ図)undefined画像提供:第一三共ヘルスケア

上:バリア機能を低下させる洗浄(イメージ図) 下:バリア機能を守って洗う保湿洗浄(イメージ図) 画像提供:第一三共ヘルスケア


洗浄料は泡立てが大事だといいますが、それは泡立てると汚れを浮き上がらせる効果が期待できるからです。そして、洗浄料は肌に残らずにきれいに洗い流しておくことも大事です。泡などの洗い残しがあると、せっかく洗ったのに汚れが残ったままになってしまうからです。

洗い方は、「肌にやさしく洗う」のが基本です。その意味では「手のひら」洗いは、手の感触が肌をこすりすぎませんので望ましい洗い方と言えます。手のひらは体温と同じ温度のため刺激が少ない。そして弾力性があり、表面がすべすべしています。

でも、手のひら洗いだけでは肌の汚れが気になるかもしれません。そこで、ボディタオルの素材に注目してみましょう。

「やさしく洗う」だけでは洗い残しリスクがある

お風呂

洗い残しがないよう「正しくやさしく洗う」こと

普段の洗い方でも、洗い残しを感じることはありませんか?

背中など手の届かない所や関節など肌がしわになっている部分、凸凹のあるところは、どうしても洗い残しがあります。さらに、手のひらは均等で均一な表面ではないので、どうしても洗い残してしまう可能性があります。

肌の垢などが残っていると皮膚の細菌の餌となり、肌の細菌が増えてしまい湿疹などの原因になります。むしろ、「正しくやさしく洗う」ことが大切であって、やさしくても汚れが落ちていないと、肌トラブルは解消されません。1回強く洗うよりは継続的にやさしく洗う方がよく、毎日の入浴で洗浄料をしっかりと泡立てて、汚れをやさしく洗いたいものです。

ワセリンや外用薬を使用している場合は、基剤の油分が肌に残りやすいので注意が必要です。いつまでも油分が残っていると汚れと同じになってしまうので、しっかり洗い流しておきたいですね。
クリームや軟膏を塗っている場合、手洗いでは落としきれいない場合がある(画像提供:第一三共ヘルスケア)

画像提供:第一三共ヘルスケア


小さな子どもでは、まずは親御さんなど大人が体を洗ってあげています。しかし、いずれは1人でお風呂に入って自分で洗うことになりますので、親御さんたちと一緒に入っているうちに、子どもに正しい体の洗い方を教えてあげたいものです。

やさしく洗い・正しく汚れを落とせる「タオル」

ふわふわした表面で、弱酸性、手のひらと同じやさしさがあるタオルはあるのでしょうか?

トウモロコシを原料とした植物由来のエコフレンドリー繊維を100%使用したタオルがあります。このタオルは、弱酸性の素材で手のひらと同じくらいのやさしさで洗え、泡立ちもよいために不要な汚れをしっかりと落とすことができます。
ミノンやさしく洗う弱酸性タオル

ミノンやさしく洗う弱酸性タオル


このタオルは「ミノンやさしく洗う弱酸性タオル」と言って、普段、手のひら洗いの人は週に1~2回、普段、タオルを使っている人は毎日使った方がよいかもしれません。

肌あれ、肌の弱いなどの肌状態への対策の1つと言えます。

タオルの基本素材は、肌への刺激が少なく肌触りがよく、しっかりと泡立つような素材です。洗い心地は、やさしく肌を痛めることなく余分な皮脂や汚れがとれる印象です。このような形状にするために、何度も試作品を作って検証したようです。
「ミノン(R)undefinedやさしく洗う弱酸性タオル」の表面と裏面

「ミノン(R) やさしく洗う弱酸性タオル」の表面と裏面


個人的に、「ミノンやさしく洗う弱酸性タオル」を触ってみました。表はふわっとして裏もやさしい感じです。あたたかい感じがしました。使用してみました……あくまで個人的な意見ですが、ナイロンより重量感はありますが泡立ちはよく、きめ細やかに石鹸が肌につき、ゴシゴシ感はありませんでした。何物も自分に合ったものを探すのが先決です。

取材協力:第一三共ヘルスケア


●もっと詳しく知りたい
ミノンやさしく洗う弱酸性タオル

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項