家もなく、貯蓄もない。将来食べていけるのか心配です

貯金も少なく、このままではどうなる?

貯金も少なく、このままではどうなる?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、英国在住の40代の独身女性の方です。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。
※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)

■相談者
ジェイホリックさん(仮名)
女性/無職/41歳
イギリス/賃貸住宅

■家族構成
独身、一人暮らし

■相談内容
英国在住です。年収800万円の仕事を、先日希望退職しました。41歳で不動産を1軒も持っていない。キャッシュもたいしてない。生命保険等なども入っていない。仕事も辞めたばかり。諸事情があり、250万円支出しなくてはなりません。このままでは、数年後にはパンだけかじる生活になります。

数年前から投資をしてみたいのですが、何をどうしたらいいのかわかりません。唯一、不動産投資はわかるのですが、元金がないため、Shared Ownership(住宅を部分的に購入する所有方式)という制度を利用して、現在は物件の25%のシェア分として約640万円を持っています。将来、経済的に困らないために今やっておくべきこと、また老後対策についてのアドバイスをお願いいたします。
(1GBP=160円で計算)

■家計収支データ
「ジェイホリック」さんの家計収支データ

「ジェイホリック」さんの家計収支データ



■家計収支データ補足
(1)再就職について
そろそろ職探し開始予定。日本への帰国、就職は今のところ考えていない。60歳でリタイアを希望しているが、こちらの経済状況等諸々を考慮すれば65~70歳まで働くことになるかもしれないと考えている。

(2)今後のマネープランについて
再就職後、貯蓄に励み、3年以内に貯蓄300万円。さらに不動産投資として国内外に1軒ずつ所有。定年後は貯蓄や不動産の売却によって老後資金を捻出する。ちなみに年金はほとんど期待できないとのこと。

(3)今後の不動産投資
現在のアパートを出て、4800万円程度の物件を購入目標としている。加えて、資金ができれば、南フランスに1軒投資として購入したいと考えている。日本でのアパート1棟購入も考えたが、マーケットがイギリスと違うこと、日本に頻繁には帰国できないことなどの理由で結局購入はしていない。

(4)イギリスの不動産事情について
現在、イギリスの特にロンドンでは、海外からの投資も盛んなため、不動産価格が高騰。相談者が住んでいるアパート(ロンドン市内東部。2ベッドルーム、キッチン、バスルーム、リビングで計58平米)クラスの物件で8000万円以上。ジムや24時間レセプション付きのアパートでは、1億1000万円~1億3000万円にもなるとか。住宅ローンは、2008年の信用収縮前までは預け金ゼロや元本100%以上の住宅ローンもたくさんあったが、景気が低迷した今では20~25%の預け金ローンが多いとのこと。

(5)リタイア後の生活
現在と変わらない生活レベルを希望。できれば娯楽費はもう少し余裕がほしいと考えている。

■FP深野康彦からの3つのアドバイス
アドバイス1 今すベきは再就職と家計の黒字化
アドバイス2 投資は余裕資金で行いたい
アドバイス3 老後資金のベースは「貯蓄」が基本
 
アドバイスの詳細はこちら>>