TOP > コイの仲間 > ボララス・ウロフタルモイデス

ボララス・ウロフタルモイデス Boraras urophthalmoides
画像提供:オオツカ熱帯魚

ボララス・ウロフタルモイデス

学 名:Boraras urophthalmoides(Kottelat, 1991)
通称名:ラスボラ・ウロフタルモイデス、ボララス・ウロフタルマ
英 名:Least rasbora、Miniature rasbora、Exclamation-point rasbora
分 布:カンボジア、タイ
サイズ:2cm
Temp :23-26℃
pH  :6.0-6.5


本種の含まれるボララス属には5種が知られており、2cm程度とコイ科魚類の中でも最も小さいグループ。以前はボララス ブリギッタエ Boraras brigittaeと亜種関係にあるとされていたが、1993年にボララス属に移行された際別種とされた。

飼育が難しいとは言えないが、そのサイズゆえに混泳させる魚、餌には気を使う。同程度の大人しい魚と群泳させるのが、やはり妥当な飼育方法だろう。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。