PTAは…小学生の親が避けて通れない問題

ptayakuinn3

PTAは、子供の教育効果を高める為に親と先生で構成された自主的な運営組織。今、時代の流れと共に、様々な問題が生じてきています

子供が小学校に入学すると同時に、親が避けて通れない問題の一つに「PTA」があります。毎年、新学年が始まると、PTAの役員決めが、ママ達の心をモヤモヤさせるのでないでしょうか?

役員決めの壮絶なバトルやさまざまなドラマを聴くだけで、PTA役員がより憂鬱になってくるママは多いと思います。ひと昔前までは、今のようにPTAが敬遠される事はなかったはずです。いったいどこに問題があり、どのように改善していけばよいのか、考えてみましょう。


【PTAの問題点】時代にそぐわない

そもそもPTAの前身が出来たのは明治時代、その後1952年「日本父母と先生の会全国団体結成大会」が開かれ、今のPTAの基ができました。大きく変化している社会情勢についていってない活動方法等がある為、今のママにとっては更に負担が増大、敬遠されるのではないでしょうか。

■敬遠される理由1、平日の昼間の集まり、会議が多い
今の時代、ほとんどのママが何らかの形で仕事に就いています。昼間の集まりは、仕事を持っているママにとっては、本当に参加しづらいですね。休みをとればいいと言うものの、授業参観や個人懇談、又は急な病気等で休まざるを得ない時があります。その時の為に休みは取っておきたい、という気持ちは当然あると思います。

■敬遠される理由2、メールやメーリングリストを使わない
メーリングリストで意見を求めれば済むことをわざわざ集まって話し合ったり、未だに電話連絡のところもあります。

■敬遠される理由3、非効率な進行、作業が多い
各自、自宅で出来るような作業を学校に集合して行ったり、会議の進行や段取りの手際が悪く、時間や作業に無駄が多い。


【PTAの改善案】活動の明確な目標設定をする

次にそれらの改善案を考えていきましょう。

■改善案1、例年通りになってないか、見直す
毎年、「この活動は、必要かどうか」見直しを図りましょう。前年度の評判はどうだったか等を検討し、不必要と感じたものは、辞めましょう。

会議や作業の日時も、「今年の役員にあった」時間帯を設定するように、話し合うとよいでしょう。また連絡方法や意見を求める際、皆にとって、より便利で労力が軽減される方法があれば、取り入れましょう。

■改善案2、初めに年間計画や予定を立てる
ひとつの議題で何度も集まったり、会議の進行もダラダラし結局何も決まらなかった、というような事がないように、その日の議題や決定することを初めに明確にしておきましょう。

いつまでに何をするか、この会議で何を決定するか、次回の会議までに各自何を考え、どのような情報を収集してくるか等、しっかり決めて、シェアしあいましょう。


>>>次に改善案をうまく提案する方法と、加入時の問題点に触れていきます