医者と患者

C型肝炎は治る?

「C型肝炎は100%治る時代」と聞くと、10年前なら「あり得ない」と多くの医師が答えたでしょう。しかし、今なら「そうだよね」と多くの医師が答えるに違いありません。インターフェロンに代わって、飲むだけでほぼ完治できる画期的な新薬が開発されたのです。

その薬の名前は、「直接作用型抗ウイルス薬(direct-acting antiviral agent;DAA)」。「DAA」や「インターフェロンフリー治療」などと呼ばれています。

C型肝炎の画期的な新薬のお値段は○○○万円!

C型肝炎の新薬は、「副作用が少ない」「治療期間も短い」「飲むだけで治る」というメリットがたくさんあります。しかし、もちろん良いところばかりなく、デメリットも存在します。それは値段が高いこと。

例えば、日本人に最も多いタイプのHCVセログループ1型の治療薬「ハーボニー®配合錠」は、1錠8万円、総額673万円もかかります。その分効果も絶大で、薬を12週間飲むだけで、著効率は95~100%と、数年前のC型肝炎の治療に比べると隔世の感がある画期的な薬です。

C型肝炎の新薬は、月1万円の負担ですむってホント!?

貯金箱

医療費助成があります

でも、「治るのはわかったけど、そんな高い治療できないよ」という声が聞こえてくるかもしれません。しかし、安心してください! 国からの医療費助成があるのです。

C型肝炎の「インターフェロン」や「インターフェロンフリー」などの治療は原則、月あたり1万円しかかかりません(ただし、世帯所得の高い方については2万円)。詳しくは、「厚生労働省 医療費助成」を参考にしてください。

原則、月に1万円、12週間の治療だと計3万円ですむことになります。数十万円かかっていた十数年前のインターフェロン治療に比べると、患者負担が格段に軽減されています。

しかし、なぜこんな高い薬を国が助成してくれるのでしょう? それは、C型肝炎から肝硬変になったり、肝臓がんになったりした場合にかかる治療費を考えると、C型肝炎のうちに完治してもらった方が国の負担も安く済むからです。

C型肝炎ウイルスが消失しても、発癌性はゼロではない

C型肝炎のウイルスが消失すると、発癌の可能性は激減します。ただし、インターフェロンそのものには発癌抑止効果が認められていますが、インターフェロンフリー治療は新しい治療であるので、どれほどの発癌抑止効果がみられるのかは不明です。

高齢や肝線維化進展例、男性などはウイルス消失後も発癌しやすい危険因子とされています。ウイルスが消失しても、担当の先生の指示のもと、定期的な血液検査や画像検査は必要になります。

C型肝炎の治療に悩んだら、医療機関に相談を

医師と患者y

悩んだら医療機関に相談してみましょう

C型肝炎の薬は副作用は少ないのですが、まったくないわけではありません。複数の薬を内服している場合、一緒に飲んではいけない薬や注意して飲まないといけない薬などが存在します。また適応も、肝硬変が進んだ人や腎不全の人などは治療ができないこともあります。医療費助成制度も事前の申請が必要です。

ともあれ、C型肝炎の治療は、より副作用が少なく、より治療期間が短く、治療効果が100%に近い治療へと急速に進歩しているのは間違いありません。C型肝炎で悩んだら、近くの医療機関に相談してみてはどうでしょうか?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項