県営名古屋空港で名古屋らしいお土産をみつけよう

県営名古屋空港は愛知県にある空港で、2005年に中部国際空港(セントレア)が開港するまでは国内線、国際線が発着する名古屋空港として地元の人々に親しまれていました。現在、小型の旅客機やビジネス機の空港として愛知県が運営し、フジドリームエアラインズ(FDA)が東北や中四国、九州などの就航路線を運航しています。

名古屋の中心部から近くて便利なのもあって利用者が増え、就航路線も多くなってきました。最近では、三菱飛行機が開発中の国産旅客機「MRJ」が飛行試験を行っている空港としても知られています。

県営名古屋空港には、名古屋などで人気のお土産が一堂にそろうショップ「スカイショップ翼」が空港ターミナル内にあります。ここで手に入る、家族やビジネスなど向けにおすすめのお土産をご紹介します。


えびせんべいの定番「名古屋えび天」がリニューアル発売


P1

名古屋のえびせんべいでは定番の「名古屋えび天」。ピンク色をベースとした商品パッケージもかわいらしさ抜群です


名古屋が誇る定番みやげの1つ、えびせんべい。桂新堂の名物「名古屋えび天」がこのほどリニューアルして好評発売中です。えびせんべいをカラッと揚げた人気商品。えびの香ばしい風味とパリパリとした食感が楽しめます。箱に入った5袋入、10袋入、20袋入があります。ピカピカ金色の個包装はインパクト大。1人用にも大人数のばらまき土産にも良さそうです。


名古屋ふらんすが進化した絶品「ドゥーブルタルト」


P2

愛知・西尾産の高級抹茶とフランス産のクリームチーズがコラボレーション。二色にくっきり分かれて見た目のインパクトもあり

いまや名古屋みやげとして定着した、和洋の味が楽しめる本格スイーツ「名古屋ふらんす」から登場した、「ドゥーブルタルト 名古屋ふらんす」。お茶の産地として知られる愛知・西尾の高級抹茶と、フランス産の上質なクリームチーズを使って焼き上げた、ココア風味のタルトです。ベイクドチーズの濃厚なしっとり感、アプリコットコンフィチュールの甘酸っぱさも合わせ、上品な味わいが楽しめます。


売り切れ必至 ういろの老舗が手がける「わらびういろ」

P3

わらび餅とういろによる新食感はぜひ一度試したい味。香ばしい黒ごまを練り込んだ黒ごまわらびういろもおすすめ

名古屋のみやげといえば「ういろ」が有名。そのういろから進化した「わらびういろ」が、メディアで取り上げられて売り切れ続出の人気を博しています。わらび餅とういろを合わせた新食感が楽しめ、高級きな粉「京碾ききな粉」と黒みつを好みでかけて食べます。万治2年(1659年)創業、名古屋ういろの老舗「餅文総本店」が手掛けた新ヒット商品です。


八丁味噌のまんじゅう しょっぱさと甘さが上品な味わい

P4

八丁味噌が手軽に味わえるみそまんじゅう。しょっぱさ、甘さが一度に楽しめ、上品な風味に仕上がっています

愛知名産の八丁味噌を使ったみそまんじゅうが、春華堂「名古屋八丁みそまん」です。まんじゅうの皮には、江戸時代初期から続く製法で天然醸造される愛知県岡崎市「カクキュー」の八丁味噌をが練り込んで使われています。濃厚でコクがある八丁味噌の味わいが楽しめ、職人の手によってじっくりと炊きあげられたこしあんとの相性は抜群です。

かわいすぎる! 子どもも大人も喜ぶ「かえるまんじゅう」

P5

「かえるまんじゅう」は、青柳総本家の商標マーク「柳に飛びつく蛙」がコンセプトという、とてもかわいらしいお菓子

パッと見てまず「かわいい!」と思わず叫んでしまう、本当にかわいらしい「かえるまんじゅう」は、青柳ういろうで知られる青柳総本家が手掛けるお菓子です。中身はこしあんで、やわらかい焼き皮に包まれています。毎年春にはさくら風味のあんが入ったさくら味のほか、チョコあん、おいも味なども期間限定で登場。旅行やドライブなどの「帰る」に語呂合わせ、子どもも大人にも喜ばれそうです。

名古屋の朝食で定番「小倉トースト」がラングドシャに

P6

名古屋名物の小倉トーストがラングドシャで楽しめます。マーガリンの香り、小倉の甘さが絶妙にコラボレーション

名古屋では喫茶店のモーニングで定番の、厚めの食パンにマーガリンと小倉あんをたっぷりかけた「小倉トースト」がラングドシャに変身。「名古屋小倉トーストラングドシャ」は、マーガリンの香りがするクッキー生地と小倉のチョコレートがコラボレーションし、ラングドシャで包まれていて、サクサク食感で楽しめます。甘さ控えめの味わいで、思わず何枚も食べてしまいそうです。

きしめんに迷ったら「宮きしめん」がおすすめ

P7

短く切り出した麺を棒でつるす「島田作り製法」で作られた半生タイプのきしめん。かつお風味のしょうゆ味のほか、味噌煮込み、おすまし味があります

名古屋名物「きしめん」の中で一押しなのが「宮きしめん」です。宮きしめんは現在も、日本三大神宮の1つである熱田神宮の境内に店を構え、多くの参拝客が訪れることで知られます。半生麺は、短く切り出した麺を棒につるす「島田作り製法」によって小麦粉に含まれるグルテン(うまみ)が全体に行き渡っているのが特長。もっちり食感を自宅で手軽に味わえます。


航空ファン注目 FDAやMRJ、なごぴょんのグッズも

P8

機体ごとに色が異なるのが特徴のフジドリームエアラインズ(FDA)。自分が乗った機体を記念に買うのもおすすめです

県営名古屋空港を拠点に運航する「FDA」のグッズが、空港内で入手できます。特に、FDAは機体ごとに色が異なることで知られています。赤や青をはじめ、ゴールドやシルバーまであり、それぞれの色のキーホルダー、モデルプレーンなどが発売中です。

P9

国産旅客機「MRJ」のグッズを集めたコーナー。2016年現在、「MRJ」は県営名古屋空港をベースに、実用化に向けた飛行訓練を実施しています

約半世紀ぶりの国産旅客機として注目を集める「MRJ」は、空港に隣接する三菱飛行機が開発中とあって、空港内にはMRJ関連商品がそろっていて人気です。ステッカーをはじめ、ポストカードやモデルプレーンなどがあり、デビューが待ち遠しい限りです。

P10

県営名古屋空港のマスコットキャラクター「なごぴょん」。ぬいぐるみやノートなどのグッズは空港を利用した記念にもなっておすすめです

県営名古屋空港のマスコットキャラクター「なごぴょん」のグッズも発売中。開港5周年を機に誕生し、“飛べない鳥を、近代技術によって飛べるようにした”というコンセプト。マスコットぬいぐるみ、ノート、根付、シャープペン、ボールペンなど。ターミナル内にいるなごぴょんもぜひ探してみてください。

県営名古屋空港
ホームページ「県営名古屋空港」
スカイショップ翼(空港ターミナルビル1階ロビー)
営業時間:6:15~21:30(一部コーナーでは異なる)
定休日:なし
TEL:0568-28-6668

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。