名づけ相談の結果、かえって判断に迷うことも

赤ちゃんの名前を決める際は、専門家のアドバイスもうまく活用しよう

赤ちゃんの名前を決める際は、専門家のアドバイスもうまく活用しよう

Q: 名づけ相談はどういう場合にするのですか? 誰でもしたほうがいいのですか?

A: 名づけ相談は何かに迷っている、答えてほしい疑問がある、という時のためのもので、何も知りたいことがない場合は必要ありません。たとえばご自分がつけたい名前を決めていて、絶対に変える意志がないなら、その名前について相談をすることは意味はありません。

また、周囲の意見が気になるという方もよくいらっしゃるのですが、周囲の意見と専門家の意見は違うことも多々あります。その場合も、どちらの意見を重視するか決めておかないと、ますます迷ってしまうことになりかねません。

名づけ相談が無駄になることもある

名づけ相談に来られる人が候補の名前を一つだけお見せになり、「この名前に決めました」ときっぱり言われることもあります。また候補の名前の由来、思いついた理由などをくわしく述べて、いかに考えぬいた意味深い名前かを延々と説明される方もいます。

皮肉なことにそうした場合に限って、候補のお名前が他人に読めない、あるいは男女を間違えやすいなど、大きな難点があります。でも、ご両親も薄々わかっているからこそ「変えません」「ほめてください」というメッセージを送っておられるのです。そこで否定的な意見をあびせられますと気分が悪くなるだけで、得ることは何もありません。

せっかくの名づけが不快な思い出になっては、先々のために良くありません。そういう場合は、「そこまで自信をもって決めておられるのでしたら、良い名前と思ってお使いいただくのが一番いいと思います」と申し上げています。

名づけ相談が本当に役に立つのはどんなとき?

名づけ相談をしていただくといい場合もあります。それは、「こんな呼び名にしたいけれど、どんな漢字をあてたらいいか迷っている」「考えている名前に難点がないかどうか見てほしい」というような場合です。

知りたいことがあるのでしたら、積極的に答を得ようとすることが大切で、そのためにこそ専門家が居るのです。とくに漢字の成り立ち、名前における使われ方などはご自分では調べようはありません。名前の人気の度合いや、社会生活で支障が起きないかどうかは、プロが見ればすぐわかります。

また「こういう希望や条件に合う名前のリストがほしい」という場合も、まさに日頃からたくさんの種類の名前のリストを作成しているプロの出番です。名づけ相談は面談という形もあり、またメールでの相談という方法もあります。有料の場合もありますが、無料でできる方法もありますので、いつでも利用してもらえればと思います。

赤ちゃんのうまい名づけ(PC・スマホ共通)

【関連記事】
名づけ時の姓名判断…字画を気にする必要はある?
2015年 男の子の名前ランキングTOP30
2015年 女の子の名前ランキングTOP30
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。