春ドラマ、すでに『警視庁捜査一課9係』や深夜の『ドクターカー ~絶体絶命を救え~』など一部は始まっています。本格的にスタートする4月11日の週を前に、なにがおもしろそうか、みていきましょう。

話題作はフジテレビの2作

春ドラマで一番力が入っているのはフジテレビの2作、『ラヴソング』と『OUR HOUSE』。

ラヴソング』(フジ系月曜21時 4/11~)は2013年『ガリレオ』以来の福山雅治主演。元ミュージシャンの企業カウンセラーがコミュニケーション不全の少女と出会い、歌を通して心を通わせ生きる力を取り戻していきます。

ポイントは歌唱力が評価されてオーディションで選ばれた少女役・藤原さくらの魅力でしょうか。同じようなパターンで、高橋克典演じる音楽プロデューサーが復活する『傷だらけのラブソング』(2001年)でブレイクしたのは中島美嘉でした。そのレベルの実力はあるのでしょうか。


OUR HOUSE』(フジ系日曜21時 4/17~)はホームドラマ。先妻に先立たれたサックスプレイヤー(山本耕史)がアメリカから後妻(シャーロット・ケイト・フォックス)を連れて帰り、長女(芦田愛菜)が反発します。

芦田愛菜を筆頭に子どもたちのメンバーが豪華。長男はこども店長・加藤清史郎、次男は現在の子役人気ナンバーワンの寺田心、次女は脚本を担当する野島伸司の秘蔵っ子といわれる松田斧香と子役オールスターをそろえてきました。

内容的にはおそらく『ママはアイドル』(1987年 TBS)がベースになっているのでしょう。現役アイドルの中山美穂(本人)が後妻にやってきて長女(後藤久美子)が反発するという、虚実皮膜のスーパーアイドル対決を描く話題作でした。


大野智と松本潤、対抗は嵐メンバー主演作か

フジの2作に対抗するのは嵐メンバー主演作。

『ラヴソング』の対抗は、大野智が主演を務める『世界一難しい恋』(日本テレビ系水曜22時 4/13~)。KYなホテル経営の社長と中途入社してきたヒロイン(波瑠)との不器用な恋を描くラブコメです。『怪物くん』などキャラものを得意とする大野智、変人さを魅力的に描けるでしょうか?

『OUR HOUSE』に対するは裏番組の日曜劇場、松本潤主演『99.9 刑事専門弁護士』(TBS系日曜21時 4/17~)。起訴されると99.9%有罪になる日本の刑事事件、大手弁護士事務所にできた刑事事件専門チームが最後の0.1%の可能性を追求して無罪を勝ち取る姿を描きます。

トリック監修に『TRICK』脚本の蒔田光治がついていて、無罪を勝ち取る道筋の説得力がポイントでしょう。

次は「定番パターン」