NUXXパイセンとシェンフーボスとの出会い

ガイド:
以前、シェンフーシュバイツのライヴでお目にかかりましたが、カナスタちゃんには不思議な縁を感じています。シェンフーのインタヴューをする前後に、偶然カナスタちゃんを知っている人の会社と仕事をしていて、カナスタちゃんのことを知りました。すると、シェンフーのヤサカトモリューさん、そして以前インタヴューしたNUXXのアイズマックさんがカナスタちゃんの楽曲プロデュースもしていると。シェンフーもNUXXも関西ベース(シェンフーは大阪府福建省だけど……)の貴重なエレクトロ系バンドですが、どのように知り合ったのですか?

大阪府福建省からシェンフーシュバイツ (All Aboutテクノポップ)
エレクトロクールなnuxx (All Aboutテクノポップ)
kanasta

カナスタ


カナスタ:
私も四方さんのことをシェンフー・ヤサカさんや、共通の知人から伺っていて、E!!!の時にお会いした時は初めましてなのに初めてじゃないような変な感覚でいました(笑)。カナスタのプロデューサーと知り合ったきっかけは、以前バンド活動をしていたときにNUXXと2、3回ですが、ご一緒させていただくことがあって。その時はこんな感じになると思ってもいなかったですが、バンドが解散になって、さあ一人でどうしようかな!という時に、NUXXのアイズマックパイセンにお声かけいただきました! 流行りの「プロデュースさせてくれ」ってやつです。そこで、紹介してくださったのがシェンフーシュバイツのヤサカトモリューボスです。

ほんとに「中二」だったんです

ガイド:
アイズマックさんはパイセンで、ヤサカトモリューさんはボスなんですね。
カナスタちゃんはソロとしてデビューする前、すでに解散してしまった「宙にペルシャ」というバンドで活動していたのですよね。不思議なバンド名ですね。「宙に」は「ちゅうに」って読む。「中二」みたいな語感(笑)。

カナスタ:
ほんとにその通りで、宙にペルシャの語源は「中二病」からきてます(笑)。でもそんなバンド名恥ずかしいし……で、猫が好きなところから当て字で「宙に猫」、でもそんなのバンド名いうとき恥ずかしいし……で、できるだけオシャレな響きの「宙にペルシャ」になりました。これ、そういえば初めて言うかもしれないです。

モデルみたいにカナコがスタスタ歩けるように

ガイド:
あはは、ほんとに「中二」だったんだ!
ちなみにカナスタちゃんはカナコという名前ですが、どうしてカナスタと呼ばれるようになったのですか?

カナスタ:
もともと高校の時から、好きなアニメキャラの「シエスタ410」からもじって「カナスタ」とか言ってたんです。ソロでやるときに名前がなかなか決まらなくて、今までついたニックネームを出していくと、カナスタにプロデューサー陣が反応しました。それで、カナスタ。
でもお母さんにそれでは弱いから、「スターになれるように」か「モデルみたいにカナコがスタスタ歩けるように」って言いなさい!と言われています。

徳之島で暇だったので、ギターを始める

ガイド:
お母さん、なかなかいいセンスです!
モデルとしても活動しつつ、シンガー(ギターも弾くんですよね)を目指した理由は? 音楽への入り口とか、教えてください。

カナスタ:
音楽自体はもともと中学の時に始めました。カナスタは大阪生まれなのですが、12歳のときに親の仕事の都合で鹿児島県の離島、徳之島に引っ越し高校までそこで育ちました。なんせ、刺激がなくて(笑)。暇だったんですよ!そこで、当時ボロボロになるまで読んでいた漫画の『BECK』に感化されて、ギターの初心者セット(2万円)を買ったのが音楽を始めたきっかけですね。今考えると、アニメ漫画ばっかりですね(笑)ミーハーなんです。でも、こんな私でもできることをずっと探しています。楽しいことやりたいと考えたときに音楽は不可欠でした。
kanastainnagoya

カナスタ in 名古屋 (3/27)