ゲームのきっかけも

Miitomoの図

任天堂は、Miitomoでまずモバイル端末向けの情報拠点を設置する、という戦略をとってきたことになります(イラスト 橋本モチチ)

Miitomoはゆるく使えるのに、いつのまにか濃い情報のやりとりをしていて、仲良くなるきっかけを作ってくれる、そんなアプリでした。しかし、おそらくMiitomoはユーザー同士が仲良くなるきっかけの他にも、もう1つ大きなきっかけづくりをする狙いがあると想像できます。

Miitomoが発表されたとき、なんで最初のアプリが、マリオでも、ゼルダでもなく、ましてやゲームであるかどうかも微妙なMiitomoなんだろうと思った方は少なくないと思います。しかしその疑問は、実際のMiitomoを触ったことでだいぶ晴れてきました。

Miitomoを発表した2015年10月29日の経営方針説明会で、「ニンテンドー体験の中核はゲーム専用機」であるとしたうえで、モバイル端末向けアプリへ進出する目的を「スマートデバイスを活用し、任天堂IPに触れていただく人口の最大化を目指します」「スマートデバイス事業単体での収益化を前提」「ゲーム専用機事業との相乗効果を生み出す」としています。

【関連サイト】
2015年10月29日(木) 経営方針説明会 / 第2四半期決算説明会(任天堂公式サイト)

そう考えると、Miitomoはまさにこの目的の、任天堂IPに触れる人を増やす、そしてゲーム専用機事業との相乗効果を生み出す、その2つを達成する土台となるアプリであることが感じ取れます。なぜなら、Miitomoはネタふりをして、きっかけを作るアプリであるからです。無料でダウンロードできるこのアプリを多くの人が使えば使うほど、任天堂はそこからゲームの話題が広がるきっかけをたやすく作れるようになります。

Wii Uで人気のアクションシューティング「スプラトゥーン」では、「フェス」というイベントで毎回全ユーザーがあるお題に対して2チームに分かれて戦います。先日もドラゴンクエストとのコラボ企画で「ガンガンいこうぜ」派と「いのちだいじに」派に分かれてフェスが開催されました。単純に考えても、これをMiitomoでも質問したら面白そうということぐらいは、誰でも思いつくことです。

Miitomoはモバイル端末における任天堂の情報発信拠点となり得るアプリで、そう考えれば他のどのアプリよりも先にMiitomoがリリースされるのは当然であると言えます。冒頭お話した通り、 Miitomoは3日間で100万ダウンロード突破、任天堂がモバイル端末向けアプリ市場でやりたいことの基礎となるアプリは、大変好調にスタートしました。しかし、無料のアプリというのはここからが重要でもあります。無料だからみんなダウンロードしますが、無料なだけにちょっと飽きてしまえばすぐにやめてしまいます。

Miitomoは非常に面白い試みをしているゲームですが、不満が無いわけではありません。ロードが長いという声や、ゲーム内通貨のコインが使える用途がMiiの洋服しかないのは寂しいといった声もあります。質問のやりとりが楽しいといっても、それだけでどれほど長い期間遊んでもらえるかは分かりません。

パッケージのタイトルと違い、モバイル端末向けアプリは、リリースしてからが本番であるとも言えます。ここからMiitomoを成長させて、よりたくさんの人を巻き込んでいければ、それによってたくさんのユーザー達が仲良くなるきっかけはもちろんのこと、任天堂のゲームに触れるきっかけも増えていくのではないでしょうか。

【関連記事】
マリオじゃないからダメなのか? 任天堂スマホアプリ(AllAboutゲーム業界ニュース)
スマホゲーのヒットにマリオは必要か?(AllAboutゲーム業界ニュース)
「お父さん、近くにポケモンいる!」 ポケモンGO(AllAboutゲーム業界ニュース)

【関連サイト】
田下広夢の記事にはできない。(ゲーム業界ニュースガイド個人運営サイト)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。