任天堂のスマホゲーとって重要なことは、IPの活用なのか?

スマホで遊ぶマリオとリンクの図

マリオやリンクが出て来たら注目する人は確かに多いでしょう。でも、本当にそれはゲームがヒットする為に重要なことなのでしょうか?

任天堂がDeNAと組んでスマートフォンでゲームを出す、そのニュースが流れたのは2015年3月17日のことでした。家庭用ゲーム機老舗の任天堂がとうとうスマートフォンに乗り出すということで、多くのメディアが取り上げ話題になりました。

話題の中心の1つは、「ガチャ」です。日本のスマートフォンゲーム市場を支える課金方法で、有料のくじ引きでランダムにゲーム内で使えるキャラクターなどが当たります。ガチャにお金を払わなくてもゲームは遊べますが、ごく1部のユーザーはレアなキャラクターを目当てに万単位のお金をつぎ込み、彼らが収益を支えています。こういった課金の仕組みに対して任天堂がどうアプローチするのか、あるいはアプローチしないのか、というのが1つあります。

もう1つはIPの活用です。任天堂は、マリオやゼルダといった、任天堂の有名IPをスマートフォンにおいて活用していくとしています。ただし、家庭用ゲーム機で売れているゲームを単純にスマートフォンでも遊べるようにする、という意味ではなく、スマートフォンにマッチしたゲームを新たに開発するとも、しています。

今回取り上げていきたいのは、任天堂のIPに関してです。任天堂がスマートフォンでゲームをリリースするにあたって、本当に大事なことはIPの活用だろうか、ということです。ガイドは実は、IPの活用に関してはあまり重要ではないと考えています。じゃあ何が重要なの、という話がありますよね。そのヒントは、イカにあります。

スプラトゥーンで見せた任天堂の底力

スプラトゥーンの図

スプラトゥーンはさすが任天堂とうならせる1本です

今、日本の家庭用ゲーム業界では、イカが猛威を振るっています。任天堂のWii U用タイトル、「スプラトゥーン」のことです。スプラトゥーンは世界累計で100万本を突破、特に日本では好調で既に30万本以上を売り上げ、発売1か月が過ぎましたが、まだ毎週数万本単位で売れています。

スプラトゥーンは任天堂の底力を見せつけたタイトルでした。このゲームは敵を倒すことを目的としません。銃弾の代わりにインクを撃って、ステージ中を自分のチームの色で塗りまくり、塗って塗られて塗りかえして、最終的に広い面積を塗った方が勝利となります。

インクをばらまいてステージを汚していくという遊びの楽しさ、必ずしも敵と撃ち合わなくてもいいという懐の広さ、さらにはボタン1つでイカに変身して自分が塗ったインクの中を泳いで進むアクションの面白さなど、ゲーム自体はシンプルながら目を見張るポイントがいくつもあります。

スプラトゥーンにマリオは登場しません。マリオには「ゲッソー」というイカのキャラクターはいますが、スプラトゥーンのイカは「インクリング」といってゲッソーではありません。新しい世界、新しいキャラクター、そして新しい世界です。

スプラトゥーンのゲーム内では任天堂がWii Uで提供するSNS、Miiverseの投稿であふれています。ゲームを始めると広場には他のユーザーのプレイヤーキャラクター達が集まり、それぞれのプレイヤーが描いたイラストを眺めることができます。そこにはユーザーの創作意欲が惜しみなくつぎ込まれ、毎日見ていても飽きないぐらいです。その創作意欲の源泉は、スプラトゥーンという新しいゲームがもたらす刺激なのです。

スプラトゥーンに限らず、任天堂はしばしば、こういった新しい遊びを提供するときに、既存IPにこだわらない戦略をとることがあります。