ハセガワストアのやきとり弁当

「駅弁より安くて旨いべや。これ、持ってって食え!」

函館出張の帰りに地元の方からお土産でいただいたのが、ハセガワストア、通称ハセストのやきとり弁当。なんでもこれがGLAYもお気に入りのご当地グルメであるという話も聞いて興味津々、JRの車中でビール片手に一口食べてみたら、あれっ?

ご飯の上にのっている串焼きのその肉、「鶏」ではなく「豚」ではありませんか!

「所変われば品変わる」とはよく言ったもので、函館から道南エリアで「やきとり」といえば鶏肉ではなく豚だったと知ったのは、その後のことでした。
undefinedundefined

タレ付きの豚串がのったやきとり弁当

鶏か豚かはともかくとして、食べてみるとこれが実に旨い!串焼きの豚肉と上にからめられた店オリジナルの甘タレが絶妙なバランスを醸し出しており、ビールによし、海苔のご飯にもよくあい、あっというまに完食。以来、函館出張から帰りの「車中定番メニュー」となった次第です。

さて、この市民ご自慢のやきとり弁当を販売しているのが、函館、北斗、七飯の道南3市町にコンビニチェーンを展開するハセガワストア。一見すればどこにでもある瀟洒なコンビニながら、屋上に掲げられている「やきとり弁当」の大きな看板に目をひかれます。まさにこれぞ「看板商品」ということでしょうね。
undefinedundefined

屋上には大きなやきとり弁当の看板が・・・

店内には専用の「やきとり」コーナーがあり、おいしそうな匂いが立ちこめています。手作業で一本一本串に刺し、はこだてワインを吹きかけながら焼き上げるという「こだわりの豚串」をのせたこの弁当、お値段は串の数やご飯の量に応じて445円から。注文用紙にメニューと数量を記入して渡せばその都度焼いてくれるので、いつもできたてをアツアツで味わうことができます。

味は、タレの他に塩、塩ダレ、うま辛の4種類。売れ筋はやはりタレとのことですが、ガーリックの隠し味を効かせた塩も捨てがたい味。最初は色々な味の串を単品で注文し、食べ比べてみてから自分好みのやきとり弁当を決めるという方法もあります。
undefinedundefinedundefined

串を単品で食べ比べ・・・

店舗は五稜郭や湯の川、ベイエリアなどその数14店。棒二森屋店(10:00-19:00)を除いて早朝から深夜まで営業(24h営業店もあり)しており、時間を問わずいつでも気軽に立ち寄ることができるというのもコンビニならではの強みと言えるでしょう。

【ハセガワストア DATA】
店舗情報

五稜郭店   函館市五稜郭町4-14         0138-52-3511
棒ニ森屋店  函館市若松町17-12 棒ニ森屋B1 0138-26-2611
湯の川店   函館市湯の川1-10-15        0138-57-2400
ベイエリア店 函館市末広町23-5           0138-24-0024

その他の店は公式サイトを参照
公式サイトはこちら

 

まだまだある函館のグルメ

紹介した2大グルメだけでなく、函館には食べていただきたいものがたくさんあります。たとえば、函館市民の台所「函館朝市」をそぞろ歩けば、市のシンボルにもなっているイカをはじめ新鮮なカニ、ウニ、アキアジ(鮭)、イクラにホタテが至る所に並べられています。中には自分で釣った活イカをその場で調理してくれる所や、新鮮な海鮮丼がワンコイン500円で食べられるお店も。
undefinedundefined

函館朝市のワンコイン海鮮丼

また、函館山山麓の異人館街やベイエリアには五島軒やペイストリースナッフルスといった老舗の洋食レストランやおしゃれなスイーツショップもいっぱい。

北海道新幹線も開通して身近になった函館です。皆さんもこの機会に、ぜひ新幹線に乗って函館グルメを堪能しにきてくださいね。
undefinedundefined

北海道新幹線に乗って函館グルメを堪能!


【函館グルメの関連記事】 
朝市の活イカ釣りやワンコイン海鮮丼に関しては、オールアバウトガイド記事 「函館冬の旅・グルメと温泉」 も合わせてご覧ください。
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。