派遣社員で低収入。もっと貯金をできるようになりたい

収入が低く、貯金が増えない悩み

収入が低く、貯金が増えない悩み

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、貯蓄が思うように増えないと悩む31歳の女性会社員。ファイナンシャル・プランナーの八ツ井慶子さんがアドバイスします。
※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)

■相談者
ゆんこさん(仮名)
女性/派遣社員/31歳
神奈川県/実家

■家族構成
父(60代/正社員)、母(50代/正社員)

■相談内容
毎月2万円を積み立てしていますが、もっと貯めたいです。両親と同居しているので家には5万円いれるだけで済みます。社員になってボーナスをもらってみたいのですが体が弱く週5日働くと倒れてしまいます。うつ病にもかかり、派遣として週4日働くのが精一杯です。20代後半になってようやく貯金を始めることができ、通院もでき、両親に守ってもらえる日々に感謝していますが、ボーナスをもらえる体力と能力がなく、心の病気のために派遣会社内で転職(異動)を繰り返す自分が悲しくなってきます。3万円くらい余裕で貯められるようになりたいです。

■家計収支データ
「ゆんこ」さんの家計収支データ

「ゆんこ」さんの家計収支データ



■家計収支データ補足
(1)収支について
手取り額は14万~15万円(勤務が曜日固定のため月の勤務日数による)。余れば普通預金に入れっぱなし。

(2)両親と実家について
両親とも、ハードワークのため、疲労しているという。持ち家でローンは残り10年。実家は相談者が相続する。

(3)加入されている保険の内訳
・本人/終身医療保険(入院7000円、先進医療600万円)=保険料2300円

(4)仕事について
最初はレジのフルタイムパートを7年。その後は短期のアルバイトを転々として、今は介護士を始めて2年半。デスクワークならフルタイムで働けるが、まだその経験はない。

(5)医療費について
月に精神科2000円、ペインクリニック1200円程度。家計支出では「雑費」に含んでいる。

(6)結婚について
予定および願望はないとのこと。

■FP八ツ井慶子からの3つのアドバイス
アドバイス1 貯蓄は「継続性」が大切
アドバイス2 自分ができることに目を向けるべき
アドバイス3 「負い目」があれば取り除こう
 
アドバイスの詳細はこちら>>