前編では、僕の熱い気持ちをハビエラ・メナ(Javiera Mena)ちゃんに伝えたつもりですが、その勢いは止まりません。

ハビエラ・メナ(1)~チリが生んだポップの魔法女子 (All Aboutテクノポップ)

昨年11月に公開された彼女の最新のPVでは、南米のルーツが伝わります。


では、インタヴュー後編をお楽しみください。
javieramena

Javiera Mena


偉大なチリのニューウェイヴ、Los Prisioneros

ガイド:
2012年に、チリの映画『Joven y Alocada(Young & Wild)』のサウンドトラックに参加していますね。映画全編を見てはいませんが、タイトルの通りヤングでワイルドな内容みたいです。フランシスカ・ヴァレンズエラ(Francisca Valenzuela)と共に、あなたは、既発のアルバムから3曲、2つの新曲、1つのカヴァー曲と、サウンドトラックでは主導的な役割を担っています。どのようにこのサントラに参加することになったのですか?

Joven y Alocada
jovenyalocada

Joven y Alocada


Joven y Alocada Trailer (YouTube)

ハビエラ:
監督のマリアリー・リヴァス(Marialy Rivas)からの依頼です。映画も大好きだし、映画に私の曲が必要とされたので、とても嬉しかったわ。

ガイド:
「Amiga Mía(私の友)」のカヴァーはとても気に入りました。原曲は、チリのニューウェイヴ・バンド、Los Prisionerosによるものですが、彼らについて教えてください。

Los Prisioneros - Corazones (amazon.co.jp)
corazones

Corazones


Los Prisioneros - Amiga Mía (YouTube)

ハビエラ:
Los Prisionerosはチリで最も重要なバンドです。現在、ヴォーカリストは苦難の中にいます。彼は心臓発作を起こして、病に伏しています。すべてのアーティスト達は、私たちの国の最も偉大な作曲家でもある彼の回復を祈って、良いエネルギーを送っています。

ガイド:
あなたが好きなチリのアーティストやバンドがいれば、是非教えてください。

ハビエラ:
Astro、quieroStar、Mamacita、Alejandro Paz、MKRNI (Makaroni) などが大好きです。