「おもちゃを取る」は何故起こる?

ミニカーを持つ男の子

お友達のおもちゃは魅力的!

2歳くらいの子供は好奇心の塊。興味の広がりから、「見たい」「触りたい」「やってみたい」という気持ちであふれています。この意欲は今後、学習にもつながっていく大切なもの。やりたい気持ちを主張できるのは、素晴らしい力です。そして、更に必要になるのは、「欲しいものを手に入れる時の手続き」と「相手の気持ちを想像する力」の2つ。今回は、この2つの力を伸ばす関わりについてご紹介していきます。

「おもちゃがほしい」時の手続き

お友達が持っているおもちゃをかりたい時は、「かして」と言う。相手の子が「いいよ」と言ってくれたらかりることができる。「かして」「いいよ」これがセットで成立することを、まずは教えてあげましょう。もし言わずにかりてしまった時は、やりなおし。ママもお友達に一緒に伝えるスタンスでいると、子供も安心します。

ここでネックになるのは、相手の子が返事をしてくれない場合です。かしたくない時、どうしようか迷っている時等は、返事ができずに、固まってしまう子もいます。そのような時は、子供に相手の子の表情を良く見るように促してみましょう。相手の子がどんな気持ちでいるか想像する助けになります。合わせて、返事がない時は待つこと、少ししてから再度伝えることを提案してみましょう。そうすることで、相手の気持ちを尊重することを学びます。

おもちゃを取るのはいけないと、わかっているのに繰り返すのは何故?

「貸して」「いいよ」の手続きがわかっているのに、何度も同じことを繰り返す。ママも「もういい加減にして!」と言いたくなる……。そういうことありますよね。お友達が使っているけれど、自分も使いたい。待てない! 今欲しい! 自己中心性の高い2歳児は、このような気持ちを常に持っています。その上で、貸し借りのルールを学んでいる段階。この2つの気持ちに板挟みになり、せめぎあっているのです。子供にとって、手続きを覚える以上に大変なのは、自分のやりたい気持ちと折り合うこと。つまり、頭ではわかっているけれど、気持ちの折り合いが付かずに、おもちゃをとってしまうケースの方が多いと言えます。

⇒そんな子への効果的な関わりとは?次のページでご紹介します