ブロックって何?

そもそもブロックとは、相手にフォローされている場合、そのフォローを強制的に解除して、相手が自分をフォローしたり、自分にメッセージを送信できないようにすることです。ブロックするまでもないケースもあるので、ブロック以外のTwitterの他のアクションについても知っておきましょう。
  • 非フォロー:フォローから外す
  • ミュート:自分のタイムラインで非表示になる
  • 報告:スパムや、なりすましなど、違反報告をすることができる

どうやって相手をブロックする?

人間関係のもつれなどでやむなく相手をブロックしたい、そんなときはこちらの方法を使用しましょう。

  1. ブロックしたい相手の「歯車」アイコンをタップ
  2. ダイアログメニューから「ブロック」をタップ
  3. 確認ダイアログが表示され、再び「ブロック」をタップ。
  4. 「ブロック中」という表示になり、ブロックが完了
2

 

ブロックしたことは相手に通知される?

ブロックしたことが相手に通知されてしまうと面倒なことになりそうですよね。ですがご安心ください。ブロックしたことが相手にメッセージなどで通知されることはありません。

ブロックした相手から自分はどう見える?

ブロックした相手は自分の情報をどの程度確認できるのでしょうか?簡潔に言うと以下のようになります。
  • ブロックした相手は自分に「メールを送れない」
  • ブロックした相手は自分の「ツイートを確認できない」
  • ブロックした相手は自分の「プロフィールを確認できない」
  • ブロックした相手は自分を「フォローできない」
何も確認できないと言って差し支えないくらいですね。

ブロックされているか確認する方法は?

「なぜか友達のツイートをあまり目にしなくなった、もしやブロックされているのでは?」と気になってしまうとき、自分がブロックされているか確認する方法はあるのでしょうか。

この方法は実に簡単です。
相手のプロフィール画面を見ると、ブロックされているかがわかります。
相手からブロックされると自分がフォローしていてもリストに表示されなくなります。そこで検索画面から相手のプロフィール画面に行くと、ブロックされている場合
『〇〇さんをフォローしたり、〇〇さんのツイートを見たりすることはできません』
という記載が表示されます。

自分がしたブロックを解除する方法は?

  1. ブロックした相手のプロフィールにアクセスページに移動
  2. メニューの中から「ブロック解除」の項目を選択

ブロックはフォローを解除することなので、ブロックを解除しても、元通りフォロー状態になるわけではありません。もう一度相手にフォローを申請したり、相手にフォローしてもらう必要があります。

自分がブロックされた場合に解除する方法は?

自分がしたブロックは前述のようにいつでも解除可能です。ではブロックされた場合に解除する方法はあるのでしょうか?

これは残念ながらありません。

ブロックされるのはなかなか辛いものがあります。そうならないよう、ネット上でも行儀よく、礼儀正しいツイートを心がけましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。