小さな決断の積み重ねが、あなたの人生を決めていく

お買い物の図

S.P.E.C.I.A.L.やPerkの組み合わせによって、戦闘面だけでなく色んなことが上達します。お買い物が上手になる、なんてことも

Perkは強力なものが多く、また、とてもユニークなものもあります。S.P.E.C.I.A.L.のうち、人間的魅力を意味するCの「Charisma」を6必要とする、「Local Leader(ローカルリーダー)」というPeakがあります。Fallout 4では自分の拠点を作ることができます。荒廃した土地を復興させ、人を集め、瓦礫を解体し、畑を耕し、寝床を作り、そうやってだんだん発展させていくのです。拠点の中には、お店を作ることができます。お店ができれば、自分の拠点で武器や防具、洋服や食べ物などを買うことができますが、それには先ほどのLocal Leader、つまりあなたはこの辺のリーダーですよ、という能力が必要なのです。街を発展させていくには、カリスマを持った人物のリーダーシップが必要なのです。

じゃあ、みんなCharismaには6ぐらいまでステータスを振るのかというと、そうとは限りません。俺はリーダーなんてまっぴらだ、拠点なんて勝手にやってくれ、と思う人はいっそCharismaのステータスを一切無視してしまえば、その分他のことが早くできるようになります。

頭の良さを示すIntelligenceをあげれば、あなたは科学者のように、武器を強力に改造したり、自動で攻撃するタレットを作ったり、ロボットをハッキングして味方につけることができるでしょう。しかし、残念な頭脳によって武器が改造できなかったとしても、腕でカバーすることも可能です。敏捷性を意味するAgilityのPerkを集中的に取れば、ガンマンのように銃の扱いが非常にうまくなって、攻撃力があがり、射程が長くなったり、命中率があがったりします。あるいは、誰にも気がつかれずに忍び込んで暗殺、なんてこともできるように。運の良さが決まるLuckには、謎の人物が現れて助けてくれることがある、なんていうPerkすらあります。そう、Luckをあげると、本当に運よく助かるのです。

そしてそれらは、何か大きな決断で全てが一気に決まるというような種類のものではありません。レベルがあがるごとに小さな決断をして、その積み重ねで、得意なことや、苦手なことや、普通にできることが決まっていって、それらが極端な人もいれば、平均的な人もいて、自分のできることを組み合わせてなんとかかんとか生き抜いていくのです。

まさにRPG

ドラクエ3の図

あなたは最初から勇者であると、きめられているわけではありません。正義の味方かもしれませんし、無法者になるかもしれません。

そう考えると、まるで現実の世界のようですね。ただし、現実の世界と大きく違うのは、あなたが決断さえすればどんな自分にでもなれるということです。ですから、ゲームの効率的な攻略を無視して、なりたい自分になる為にS.P.E.C.I.A.L.とPerkを振り、そして思ったようにゲーム中にふるまう、なりきりプレイをするプレイヤーもいます。いわゆる「ロールプレイ」です。まさにRPG、ロールプレイングゲームというわけです。

頭が切れる科学者で、体力や腕力はないけど、実は銃の腕がいい。人付き合いが苦手な一匹狼だけど、困っている人を見るとつい助けてしまう。痩せていて、メガネをかけて、白衣を着ている。重たいものは苦手なのでいつも軽装だけど、いざとなったら自分で改造したパワーアーマーを着て暴れまくる。なんて考えたら、その通りの人物になれてしまうのがこのゲームです。

科学者らしい戦い方をするために、地雷で敵を一網打尽にしたり、薬物で自分をパワーアップさせたり。Charismaを低くしておけば、好きな女性を口説こうとして失敗、なんて場面にも出くわせるかもしれません。

こうなってくると、本当に単なるステータスというよりは、生き方の選択という雰囲気が出てきます。