東塔から西塔へ

にぎやかな東塔エリアを後にし、山道を西塔エリアに向かって歩いて行くと、しだいに静けさが増し、山の霊気が濃くなっていく気がします。

木立の中の石段を下っていき、一番最初に目に入る西塔エリアの建物が、伝教大師最澄の御廟がある浄土院というお堂。

浄土院

浄土院


全山がパワースポットとも言われる比叡山中でも、この場所は、やはり特別なサンクチュアリ(聖域)なのでしょう。庭の砂もとても美しく掃き整えられ、清浄な空気が満ちています。

浄土院からさらに歩を進めていくと、やがて見えてくるのが、常行堂と法華堂。同じ形をした2つの建物が渡り廊下で結ばれています。

常行堂と法華堂。別名「にない堂」

常行堂と法華堂。別名「にない堂」


この常行堂と法華堂は、別名「にない堂」とも呼ばれています。これは、この地で修行をしていた武蔵坊弁慶が、廊下の部分に肩を入れて、天秤(てんびん)棒のように建物を持ち上げた(担った)という伝説によります。

「にない堂」のすぐ先には、西塔エリアの本堂で、比叡山中で最古の建築である釈迦堂(転法輪堂)などの建物があります。この辺りまで来ると、耳を澄ましても、聞こえてくるのは小鳥のさえずりと、木々のざわめきだけ。本当に静寂が広がります。

釈迦堂(転法輪堂)

釈迦堂(転法輪堂)


さて、今回は横川までは行かず、ここから道を引き返すことにします。

冬の比叡山は、八瀬ケーブルやシャトルバスも運休となり、交通は少々不便ですが、その分、人が少なく静かで、本来の山中の修行の場の雰囲気を味わうことができます。

さらに、ひとたび雪が降れば堂塔が白銀に輝き、その美しさはひとしおだとか。観光オフシーズンの比叡山、一度、出かけてみてはいかがでしょうか。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。