好きな人が結婚していたら?

不倫にならずに恋を手に入れるには?

不倫にならずに恋を手に入れるには?

好きな既婚者男性から、「妻とは別れるから付き合ってほしい」と言われた時、女性はどんな判断をし、行動したらいいのでしょうか?

中には、舞い上がって、不倫に突入してしまう人もいます。それでは奥さんから訴えられるリスクだってあるし、奥さんが意気地になって、離婚がスムーズに進まなくなることだってあるでしょう。
今回は、不倫にならずに幸せな恋愛を手に入れる方法を紹介します。


その相手は信用できるのかを考える

まずは、その既婚者の男性が、本当に信用できる相手なのかをよく考えましょう。
一般的には、不倫する男性の「妻とはうまくいっていない」「離婚する予定だ」は常套句です。実際は夫婦円満の人が、狙っている女性の前では「うまくいっていない」なんて言うパターンはよくあること。

また、子供がいることを言い訳にして、「子供がいるから別れられない」「子供が大きくなったら離婚する」など言い出す人もいますが、それもある意味、都合のいい言い訳と言えるでしょう。本当に一緒にいて辛くて苦しい関係であれば、なんだかんだ言って、人は別れるからです。

また、結婚後、短期間(1年くらい)で離婚を考える人は要注意です。
多くの人が結婚するときには、永遠の愛を誓います。そんな相手に対して関係を修復しようとするどころか、さっさと別れを決断し、好きになった女性に「別れるつもりだ」など言い触らすような相手であれば、いつか自分が結婚できたとしても、同じことをされる可能性は高いでしょう。

そんなとき、恋に浮かれていると、「自分だったら(魅力的だから)大丈夫!」なんて思いがちですが、そういう男性は「自分のことしか考えていない人」も多いもの。
だから、あなたが魅力的であろうが、もっとメリットがある人がいたら、さっさと乗り換えてしまうこともあります。
そういう男性は自己中なので、相手の心の痛みまでは理解できない人も多いです。だから、人のことを平気で利用し、踏み台のように、次から次へと女性を変えていく人もいます。

人は誰もが好きな人には優しいものです。そんなところで「優しい人」だと判断してはダメです。
恋人や友達といった近しい相手だけではなく、レストランの店員、タクシー運転手など、自分が客という立場であるとき、さらに仲違いした相手などにも、誠意をもって接することができる人こそが、優しい人です。

つまり、別れる予定の妻に対しても、きちんと誠意をもって対応できるか否かというのは、“その人の本質”を見るためには重要です。
妻と話し合いをろくにせずに逃げ回っていたり、そんな時期に他に好きな人を作って口説いていたりするようでは、正直、“いい男”とは言えないんですよね。

新たにいい人ができたからといって妻を捨ててしまうような人は、自分にとって都合の悪くなった人に対しては、同じような仕打ちをしやすいもの。だから、仮に略奪できたとしても、いつか元妻と同じようなことをされる可能性は高いのです。
希望的観測ではなく、相手が本当に信用できる人なのかを、もう一度、しっかり考えてみましょう。

次は、不倫に踏み出す前に必ず知っておいてほしいことです。次のページをご覧下さい。