スズキの軽自動車アルト ワークス発売! ターボRSとの違いは?


アルトワークスは日本カーオブザイヤー「スモールモビリティ部門賞」を獲得した『アルト』の派生モデルとなる。

アルトワークスは日本カーオブザイヤー「スモールモビリティ部門賞」を獲得した『アルト』の派生モデルとなる。


東京モーターショーに出展されて話題を集めたスズキの軽自動車・新型アルトワークスが発売された。価格は150万9840円で、同じエンジンを搭載するアルトターボRS(129万3840円~)より21万6000円高い。4人乗りとして久しぶりに登場したマニュアルミッションのターボエンジンを選べるアルトワークスは、はたして魅力的な存在だろうか?

まずターボRSとの比較からチェックしてみよう。最大の違いは、前述の通りマニュアルミッション車をラインナップしてきたこと。といってもターボRSの『AGS』と呼ばれる自動変速ミッションも、中身は5速マニュアルである。5速の変速機に油圧の変速装置とクラッチを取り付け、コンピューターで制御しているだけ。

したがって5速マニュアルは油圧制御系を取り去るだけで良い。もっと言えば、何も付いていない5速マニュアルの方がずっと単純で安価なハズ。なのにアルトワークスの場合、5速マニュアルとAGSは同じ価格なのだった。そればかりか、AGSを選ぶと簡易型自動ブレーキ(30km/h以下の速度だけで稼働する)まで付く。

価格設定を見る限り、スズキは「5速マニュアルを選ぶ客はクルマ好きだから、多少高くても売れるだろう」と判断したのだろう。マニュアルとATを同じ価格にするケースは珍しくないけれど、スズキのように自動ブレーキやアイドリングストップまで落として同じ価格というのは無い。あまり良心的と言えない価格設定だと考える。

コペンやロードスターにも言えるが「レカロシートを使うなら…」

レカロシート

レカロシート


ターボRSとワークスの価格差21万6000円の大半はレカロのシートにあると思っていいだろう。いかにもレカロらしい座り心地を持っており、一脚10万円ならリーズナルブかもしれない。残念なことにターボRSより高い位置にセットされており(厳密に書くと上下調整式シートの中間の高さ)、低く座るというレカロの魅力無し。

軽自動車と思えないほど豪華な“殿様シート”が高い位置にセットされており、私としては「もったいない!」。もし購入したら低い位置にセット出来るシートレールに交換するだろう。ダイハツ・コペンやマツダ・ロードスターにも言えるコトながら、レカロを使うならキッチリと低い位置にセットしてほしいと強く思う。

ハンドリングについていえば未試乗のため不明。同じ車重のターボRSは激しく走ると左右方向のバランスが崩れることもあるようだけれど(車幅の狭い軽自動車に高性能タイヤを履かせると横転することもある)、ワークスを出すにあたり「入念な最終チェックを行う」と開発担当者も言っていた。ただ、ワークスであっても高性能タイヤは推奨せず。

結論から書くと「試乗してみて気に入ればどうぞ」ということになる。というより5速マニュアルを作ったのなら、129万円のターボRSにも設定してほしい。高い位置に座らせるレカロなら、後からスポーツシートを買って装着するというチョイスもある。もちろん私だって試乗したら「アルトワークス最高!」という評価に変わるかもしれません。


【最近の記事】
新型プリウス4WDが驚異の燃費34km/Lを生むワケ
アクアに搭載のセーフティセンスCは納得できる性能?
評論家が解説!新型プリウスの推奨グレード

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。