顔をマッサージする事によって、リンパ液を流し老廃物を溜まりにくくし、むくみをとります。顔のリンパ液の流れが滞っていると老廃物が溜まり、むくみはもちろん脂肪がつきやすくなり、たるみにつながってしまいます。セルフマッサージとして小顔マッサージが紹介されていますが、これらは基本的にむくみが改善されることによる効果と言えるでしょう。他にもマッサージにより、静脈を流す事でくすみも改善されます。


マッサージクリームは必須!

マッサージする際は、オイルやマッサージクリームなどで滑りをよくして行うようにしましょう。摩擦が強いと肌に炎症を与え、シミや肝斑などを悪化させる事もあるので注意が必要です。マッサージクリームが無い場合、滑りのよい乳液ならば代用も可能ですが、肌の上で滑らないものは摩擦になるのでNGです。

朝はメイク崩れの原因になりやすいので、ライトでみずみずしいテクスチャータイプがおすすめです。朝マッサージすると、むくみを解消しメイクのりが良くなります。くすみ、むくみを解消目的でリンパを鎖骨まで流しましょう。夜はこっくりとしたリッチなテクスチャータイプがおすすめです。できるだけリラックスできる環境で、筋肉をほぐす目的でゆっくり指圧も交えて行うと良いでしょう。


むくみ・くすみレス肌を育むセルフマッサージ

毎日の習慣にしたいフェイシャルマッサージ

毎日の習慣にしたいフェイシャルマッサージ

1:マッサージクリームはたっぷりと

肌に負担を与えないためにも、マッサージクリームはたっぷり(500円玉以上)使用します。肌になじみやすくなるよう、最初に手の体温で温めてゆるめておきましょう。額、両頬、鼻、あごの5点に置いて準備は完了です。

2:頬をくるくると引き上げる
口角から耳下に向かって、人差し指・中指・薬指の3本を使いくるくると円を描きながら引き上げます。耳前のくぼみを3回心地よい強さでプッシュ。

3:額もくるくるマッサージ
3本の指で眉間からこめかみに向かって、くるくるマッサージ。こめかみをプッシュします。

4:目元は上下に分けて
下まぶたは目尻から目頭へ。上まぶたへつなげながら、優しく指を滑らせます。

5:手のひらで頬をプッシュ
手のひら全体を使って、頬を上に引き上げながら強めに圧をかけます。

6:鎖骨へリンパを流す
下から上になで上げたら、次は耳下から鎖骨へリンパ液を流します。

どのマッサージも、肌をなでるように優しくが基本です。肌が赤くなるまで力を入れたり、上下に強く肌を動かしたりしないように気を付けましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。