TOP浮遊・浮標 > フィランツス・フルイタンス

フィランツス・フルイタンス Phyllanthus fluitans
トウダイグサ科 Family Eupohrbiaceae

フィランツス・フルイタンス

学 名:Phyllanthus fluitans
和 名
通称名:フィランサス、フィラントス、フィランタス
分 布:南米
難易度:A’


2000年前後に流通し始め、まだ比較的珍しい種類。育成条件に拠って、オリーブグリーンからピンク・赤に葉色が変化するといった変わった性質を持つ。屋外で栽培(強光下)すると、赤みを帯びやすい。水槽栽培でも光量があれば育成は難しくなく、葉を連ねるように増殖していく。余り浮力を持た無いため、水流が強いと巻き込まれやすいのでその点は注意が必要。また茎はもろく、容易に分裂してしまう。

葉の直径は2cm前後と大きくならず、また根も邪魔になるほどは伸張しない。一風変わった色彩、形状のため、水槽のアクセントとしては面白いだろう。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。