モバイル端末向けゲーム市場の成熟

スマートフォンでゲームをするユーザーの図

モバイル端末向けゲーム市場は、すごい早さで成長し、そして変化しようとしています

市場が成熟してきた、2015年各メディアでそんな声が聞こえるようになりました。ここ数年爆発的に成長してきたスマートフォンをはじめとするモバイル端末向けゲーム市場が、とうとう熟してきた、つまりその成長に陰りが見えてきたということです。

市場の成熟というのは、多くの場合ネガティブにとらえられます。ビジネスの観点からすると、どんどん大きく成長を続けていって欲しいと考えるからですね。しかしそれはお金の流れを考える人たちの発想で、必ずしも市場の成熟が悪いこととは限りません。難しくなることもあるでしょうし、難しいからこそ、変わっていく、新しくなることもあるでしょう。

今、モバイル端末向けゲーム業界にどういうことが起きているのか、そしてこの先それはどんな影響を与えるのか、考えてみたいと思います。


レッドオーシャン化

モンスターストライクの図

これまでのヒット作が市場において圧倒的支配力を持ち続けています

モバイル端末向けゲームについて、開拓の余地がたくさんあって、とにかくたくさんゲームを出していけばどれか当たる、というようなブルーオーシャンの時期はとっくに過ぎていて、競争の激しいレッドオーシャン市場となっています。2015年はその傾向がさらに顕著になった年だったと言えそうです。

新しいタイトルは多数投入されていますが、その大部分が失敗して赤い海に沈んでいます。しかも、その新しいタイトルの中から次のブームを起こすようなゲームが登場しているかと言えばその気配は薄く、結局売り上げ上位を占めているのは「パズル&ドラゴンズ(以下パズドラ)」や「モンスターストライク」、「ディズニーツムツム」など、これまでにヒットしたゲームです。

ヒットしたゲームはさらにお金を投入して、イベント企画などを打ち出し、抱えているユーザーを離さない様に、そしてしっかりと課金してもらえるように、防衛戦を繰り広げます。新しいゲームがその牙城を崩すのは並大抵のことではありません。

それは、ヒットしたゲームを抱えるメーカー自身にも言えることで、パズドラのガンホー・オンライン・エンターテイメントはパズドラを懸命に守ってはいるものの、次の柱となるタイトルはいまだ作ることができていません。

こうした競争が激化した市場の中で、大手ゲームメーカーはその強みをかして勝負に臨みます。