中小企業も含めた2015年冬ボーナスは「教育、学習支援」がトップ。平均99万円

中小企業も含めた東京都内1,000の民間労働組合を対象にした、冬ボーナス妥結状況。業種別に妥結平均額順に並べたもの。業種によっては 倍以上の開きがある。(出典:東京都産業労働局雇用就業部労働環境課「2015年年末一時金妥結状況(加重平均)平成27年11月5日現在・中間集計」)※クリックで拡大

中小企業も含めた東京都内1,000の民間労働組合を対象にした、冬ボーナス妥結状況。業種別に妥結平均額順に並べたもの。業種によっては 倍以上の開きがある。(出典:東京都産業労働局雇用就業部労働環境課「2015年年末一時金妥結状況(加重平均)平成27年11月5日現在・中間集計」)※クリックで拡大

表は、中小企業も含めた東京都内の民間労働組合の冬ボーナス妥結状況です。業種別に、平均金額(左から3列目)の多い順に並べています。

平均が一番高かったのが教育、学習支援の99万2073円。2014年冬は100万円を超えており、若干下げたものの、堂々の1位です。教育、学習支援は例年、高額支給となっています。また、企業規模によっても変わることはありません。従業員が299人以下の小規模の企業での平均は110万4926円。平均年齢も35歳と他の業種よりは若く、年齢にも関係ないようです。

また、不動産業、物品賃貸業は前年比35%アップと大きな伸びとなっています。支給額も89万7600円と不動産関連も好調ですね。

サービス関連は不調も、大きな伸びがあるところも

一番金額が低かったのは、生活関連サービス、娯楽業で23万4914円、前年比7.59%減でした。実は、このデータは1社のみの金額となっており、これで業種全体を見ることはできませんが、少なくとも好調とはいえないようです。

同様に、宿泊業、飲食サービス業やサービス業(その他)も55万円前後と他の業種よりは低くなっています。この2業種は前年比アップとなっているので、少しずつでもサービス業が好転している様子がわかります。個人消費が伸びてこれらの業種がさらに良くなると、全体の平均も上がっていくことでしょう。

以上、2015年冬のボーナス状況をご紹介しました。今年は非製造業も少し良くなった結果となりました。来年はよりいっそうアップすることを期待したいですね。

▼気になるボーナス事情、公務員だと平均いくら?
2015年冬 公務員のボーナス平均支給額

▼ボーナスからも税金が天引きされる…詳しくはこちら
ボーナスにかかる税金と手取りの計算方法

▼過去のボーナス平均支給額ランキングはこちら
2015年夏
2014年冬 2014年夏
2013年冬 2013年夏

▼2015年冬ボーナス関連記事総まとめ
【永久保存版】2015年冬のボーナス支給額&ランキング

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

■5月7日(金)20時より桐谷さんと山口さんのスペシャル対談をライブ配信!
桐谷さんがあなたの質問に答えます。質問受付中!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。