最新の「2015年冬ボーナス平均支給額ランキング」はこちら>>

平均金額70万9283円、前年比4.6%増

2014冬ボーナス、支給額はいくら?平均データとランキングをチェック

2014冬ボーナス、支給額はいくら?平均データとランキングをチェック

サラリーマンにとってボーナスは年に2回のご褒美。また、個人消費の行方を担う重要なものでもあります。2014年冬ボーナスはどのような状況なのでしょうか?

労務行政研究所が調査した「東証第1部上場企業の2014年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査」からみてみましょう。この調査は、東証第1部上場企業206社を対象に、「夏冬型」の年間協定ですでに決定している、2014年年末賞与・一時金の妥結水準を調査・集計したものです。
東証第1部上場企業206社を対象にしたボーナス調査結果。製造業が前年比5.8%増平均73万3792円と好調。全体の平均を押し上げている(出典:労務行政研究所「東証第1部上場企業の2014年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査」)

東証第1部上場企業206社を対象にしたボーナス調査結果。製造業が前年比5.8%増平均73万3792円と好調。全体の平均を押し上げている(出典:労務行政研究所「東証第1部上場企業の2014年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査」)

全産業の平均は前年比4.6%増の70万9283円となりました。こちらの調査では、2013年が前年比1.2%減、2012年が前年比1.1%減と2年間前年比割れだったのですが、2014年は3年ぶりに増額となりました。

製造は好調。前年比5.8%増の73万3792円

製造業と非製造業と大きくわけてみると、製造業は前年比5.8%増 73万3792円と好調です。対して非製造業は、前年比0.4%減の61万9045円。

製造業が全体の平均を押し上げた形になっていますね。金額も製造業と非製造業の平均金額は10万円以上も差がついています。もう少し詳しい産業別の状況はどのようになっているのでしょうか?

産業別、金額トップは自動車で93万3193円

東証第1部上場企業206社を対象にしたボーナス調査結果。産業別の平均妥結金額を金額の順番に並べかえたもの。(出典:労務行政研究所「東証第1部上場企業の2014年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査」)※クリックで拡大

東証第1部上場企業206社を対象にしたボーナス調査結果。産業別の平均妥結金額を金額の順番に並べかえたもの。(出典:労務行政研究所「東証第1部上場企業の2014年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査」)※クリックで拡大

上の表は、産業別のボーナス妥結金額を金額順に並べたものです。トップは自動車の93万3193円で前年比9.9%増。金額、上げ幅ともに際立っていますね。次に、陸運82万9744円、輸送用機器80万6424円と、自動車や輸送関連が並んでいます。特に自動車関連は、円安効果もあり業績も好調のようです。

鉄鋼は前年比16.4%アップの9万5000円増

上昇率のトップは、鉄鋼の前年比16.4%アップの67万6958円。2013年冬の実績が58万1667円と不調でした。実は、昨年の同じ調査では、鉄鋼は前年比12.5%ダウンと大きく下げていたのです。2012年冬の実績は64万5000円でした。2年前の水準を少し上回ったというところです。

鉄鋼も自動車や建設が好況でその影響を受けているようです。今後は、円安で原材料費の高騰が心配されるところですが、なんとかこの水準を保って欲しいものです。

商業が不調。前年比1.3%ダウンの49万6530円

平均金額が一番低かったのが商業の49万6530円。前年比1.3%減で2013年冬の実績は50万円を超えていたのに、この冬は40万円台となってしまいました。

商業は個人消費に大きく影響される産業です。消費税増税により家計の財布は厳しさをましています。このようにボーナスが多少アップしたとはいえ、社会保障や税金の負担は大きくなるばかり。ボーナスのほうも厳しい結果となりました。

以上は東証一部上場の大企業を対象とした調査結果です。次のページでは、東京都が調査した結果をもとに、中小企業も含めた詳しい業種の状況をみてみましょう。