世界最高峰の完成度

iPhoneの図

PCやスマートフォンで遊べます

誰が聞いても1発で「それは面白そう」と分かるような、斬新で驚きのある特徴を持ったゲームではないと思います。それでも、ガイドが初めて遊んだ時には、とてもとてもビックリしました。「ハースストーン」というゲームが持つ完成度の高さと、その面白さに。

ハースストーンはアメリカのゲームメーカー「ブリザード・エンターテイメント」がリリースしているPCやモバイル端末向けの対戦型カードゲームです。「マジック:ザ・ギャザリング(以下MTG)」であるとか、「遊戯王」などが有名な、数十枚のカードからなるデッキを自分で組んで、カードによってモンスターを召喚したり、魔法を使ったりして戦うタイプの、いわゆるトレーディングカードゲームというジャンルですね。

ただし、ハースストーンにはMTGや遊戯王のような物理的なカードは存在しません。初めからデジタル向けに作られていて、そして特化しています。ここまで研究されているのか、というぐらい、簡単で、ストレスなく遊べ、課金の提案には説得力があり、そしてゲームが面白いです。

そのあまりの面白さに、英語版しかない状態でも、言葉の壁を乗り越えて遊ぶ日本人ユーザーは以前からいましたが、とうとう、2015年10月21日、日本語版がリリースされ、多くの日本人が参加しやすい環境が整いました。ローカライズも素晴らしく、カードの説明などが簡潔で分かりやすく翻訳され、日本語ボイスもしっかりついています。

冒頭お話した通り、何か分かりやすい斬新で驚きのある特徴がある、というゲームではないかもしれません。実は、そういう意味ではこういった記事では紹介が難しいんですね。この特徴を言えば面白さが伝わる、というゲームではないからです。どこを見わたしても実によくできていて、それらがお互いに作用し、世界最高峰と言って良い完成度を築き上げています。

ですから、ちょっと長くなってしまいますし、それでも網羅はできないのですが、どこが良くできているかというのを、できればカードゲームをあまり遊んでいない人でもわかるように、紹介してみたいと思います。