宮澤エマundefined88年東京都生まれ。米国オクシデンタル大学卒後、12年に芸能界デビューし、翌年『メリリー・ウィー・ロール・アロング~それでも僕らは前へ進む~』で舞台初出演。以降も14年『シスター・アクト~天使にラブ・ソングを~』『bare』15年『Endless SHOCK』『ラ・マンチャの男』と様々な舞台に出演している。(C) Marino Matsushima

宮澤エマ 88年東京都生まれ。米国オクシデンタル大学卒後、12年に芸能界デビューし、翌年『メリリー・ウィー・ロール・アロング~それでも僕らは前へ進む~』で舞台初出演。以降も14年『シスター・アクト~天使にラブ・ソングを~』『bare』15年『Endless SHOCK』『ラ・マンチャの男』と様々な舞台に出演している。(C) Marino Matsushima

*最終頁に『ドッグファイト』観劇レポートを掲載しました*

ベトナム戦争出征前夜、6人の若い海兵隊員たちが「一番いけてない女の子をパーティーに連れて来ることができたら勝ち」という賭けゲームを始め、エディ(屋良朝幸さん)はウェイトレスのローズ(宮澤エマさん)を誘う。男の子にモテた経験の無いローズは胸ときめかせ、母(春風ひとみさん)の警告も聞かずにエディとパーティーに参加するのだが…。

1991年、当時人気絶頂の青春スター、リヴァ―・フェニックス主演で公開された映画を、新進作曲・作詞家コンビのベンジ・パセック&ジャスティン・ポールがミュージカル化。12年にオフ・ブロードウェイで初演され、ロンドンやオーストラリアでも上演されている『ドッグファイト』が12月、日本に初上陸します。

13年に『クリスマス・ストーリー』でトニー賞にノミネートされ、嘱望される若手コンビのパセック&ポールが手掛けた本作は、青春の美しさと残酷さを凝縮した映画版からさらに一歩踏み込んだ、深い内容が魅力。今回は屋良朝幸さんを筆頭にダンス力に定評のあるキャストが結集、ダンスシーンも見どころのエンタテイニングな舞台が予想されます。この舞台でヒロインのローズを演じるのが、宮澤エマさん。13年に『メリリー・ウィー・ロール・アロング』で彗星のように現れ、その後も次々と話題作に出演。のびやかな歌声と舞台度胸を武器に、恰幅のいい中年女性から美人なのにコンプレックスを抱えた高校生まで多彩な役柄を演じ分け、“カメレオン女優”の道をひた走っている彼女に、本作の魅力、そしてこれまでの道のりと今後の夢をうかがいました。

「甘酸っぱい」だけではない、深みのあるストーリー


――『ドッグファイト』の映画版(邦題『恋のドッグファイト』)やオフ・ブロードウェイで上演された舞台版はご覧になりましたか?
『ドッグファイト』ローズ役の宮澤エマさん

『ドッグファイト』ローズ役の宮澤エマさん

「どちらも観ました。映画版はいわゆる“ボーイ・ミーツ・ガール”的な作りで、主人公たちの“Love”や“Like”にフォーカスをあてていたと思うのですが、舞台版は、主人公がとても短い時間の中で一人の人間に共感することを学ぶ、でも心が触れ合った時、無情にも一緒に居られる時間は限られていて…という現実の残酷さだったり、命の尊さを描いた作品なんだなと思いました。

主人公のエディとローズは価値観も、育ってきた環境も違う。そんな二人が、ぶつかりあいながらも理解しあい、認め合う過程はとても素敵です。1幕ではお互い、本来の自分じゃない部分を見せていますが、2幕では“素顔の二人でいってみよう”となって、ほんの数時間をともにすることで、二人の人生が大きく変化する。人と人のつながりって、決して時間の長さではなくて、濃さなのだなと思える作品です」

――作者たちは85年生まれ。本作を書いた時にはまだ20代だった彼らがこの素材を選んだのには、戦後の世界情勢における、“アグレッシブなアメリカ”への内省があるような気もします。相手を知ろうともしないまま“上から目線”で行動しようとする兵士たちはその象徴なのかな、と。

「そうですね。アメリカという国は“強さ”にアイデンティティを見出す伝統があるんです。以前なら国際情勢の構図もわかりやすかったけれど、今では中東を見てもプレイヤーがたくさんいて、白黒つけがたい状態ですよね。アメリカが良かれと思ってやってきたことは、果たしてどうなのか。そういう、戦争のあり方や命の重みと言った大きなテーマについて考えさせつつ、メインにあるのはエディとローズの物語。本当によくできたミュージカルだなと日々、稽古場で感じています」

*次頁ではヒロイン役を演じる上での抱負や、日本版ならではの魅力をうかがいます!