慌てて付き合わないために、準備すること

相手の良き理解者になって、モテる女になる!

相手の良き理解者になって、モテる女になる!

「自分を好きになってくれる人は、この人しかいないのでは?」と思うと、妥協して、好きでもない人と付き合ってしまいがちです。
その結果、幸せになれない環境を選んでしまう人もいます。
そうならないためには、どんな準備をした方がいいでしょうか?

■その1:魅力を磨いて、好意を持たれる人になる
理想を言えば、1つの恋がうまくいかなくなっても、また新たな恋に出会えるような魅力的な人になった方がいいでしょう。
つまり、それは「この恋がダメだったら、もっと自分にふさわしい新たな恋を育めばいい」という選択肢を持つ、ということです。

ルックスに自信がなくても、モテる人は存在します。そういう人は、相手の話をよく聞き、良き理解者になれる人が多いもの。
実は愛される人というのは、人に愛を与えられる人であることが多いのです。思いやりを持ち、相手の気持ちに寄り添えるような女性になることを心がけましょう。

また、相手に笑顔を見せることも、重要なポイントです。笑顔は人に優しい気持ちを与えることができます。

優しい言葉、可愛らしい笑顔、思いやり、これらは言葉でいうほど簡単なことではありません。だからこそ、それができるとあなたの魅力が目立つのです。
日頃から、好印象を与えられるような人になることを目指しましょうね。


■その2:1人でも幸せな人になる
「パートナーがいなくても幸せな人になる」というのも、人生の選択肢を増やすことになります。
自分で自分を幸せにできる趣味や夢などを持っている人は、恋人がいなくても、独身でも幸せだったりします。むしろ1人の時間がある分、そのことに費やせるので、1人の方がいいと思う人すらいるでしょう。

「好きになれるものが見つからない」と言う人もいますが、自分が好きなものを見つけるのは、人生において大切なテーマです。
「人生を通してやらなくてはいけないこと」といった気持ちで探してもいいくらいです。自分が幸せではないと、人に対しても優しくなれませんしね。
自分探し、大いに結構です!自分をよく知り、もっと楽しませるようにしましょう。

自分の幸せを人に依存する人は、1人でいることができません。だから、「1人よりはマシ」だと、残念な人と付き合ってしまう傾向があります。
でも、1人でいるよりも、2人でいる方が不幸になることもありますよ?むしろ、「1人の方がマシ」なことも、結構あるものです。

だからこそ、自分で自分を幸せにできる人になって、“一緒にいたら、もっと幸せになれる相手”を選べるようになりましょう。


■その3:経済力を持つ
将来が不安だと、好きでもない人と付き合ったり、慌てて結婚したりしがちです。そんな人は、経済力をどうしたら持てるのか、についても真剣に考えてみましょう。

例えば、アルバイトよりは派遣社員、さらに言えば、正社員になった方が、経済は安定します。職種によっては、正社員になりやすいものもあるでしょう。また手に職をつけ、より多くの報酬をもらえるような勉強をすることも大事です。
「いつか結婚するから、仕事は腰かけでいいや」なんて考えるのではなく、1人でも暮らせるようになれば、焦って結婚を選択することもなくなります。

つまり「経済的に、1人でも生きていける」=「好きでもない人と結婚するくらいであれば、独身でいる」という選択肢も持てるようになることは、幸せな恋愛、結婚を選ぶためにも大切なことなのです。

さらに言えば、結婚生活がうまくいかないときは、「生活のために別れられない」なんてことはなく、離婚を選択できるようにもなります。裕福になるまではいかなくても、自分で自分を養える人になりましょうね。

ここまで、幸せな恋愛、結婚をするために準備しておいた方がいいことを3つ紹介しました。実はこれらができると、幸せになりやすくなる理由がもう1つあります。それを最後に紹介します。