クリスマスリースにキャンドルを立ててアドベントクランツにアレンジしましょう。

アドベントクランツ

クリスマスリースとアドベントクランツ

クリスマスの飾りとしてすっかり定着したクリスマスリース。このクリスマスリースは元々アドベントクランツが原型になっていると言われています。アドベントとはキリストの降誕を待ち望む期間(待降節)。ドイツの教会ではこのアドベント期間にクランツ(ドイツ語の花冠)に4本のろうそくを立て、毎週1本ずつ火を灯していきました。これがいつの間にか壁に掛けるクリスマスリースに変化したと言われております。

100均にはクリスマスリース作りの材料が沢山揃っているので、後はロウソクを加えるだけでアドベントクランツにアレンジする事ができますよ。今年はリースと一緒に簡単なアドベントクランツ作りにも挑戦してみてくださいね。
リース材料

リースの土台も種類が豊富です。

今回使った商品はナチュラルキッチンのリースの土台、リボン、リース用の飾り、キャンドゥの炎の色がカラフルなロウソクと小さなプレゼント型の飾り。アドベントクランツはグルーガンでロウソクを固定しています。火の取り扱いには気を付けてくださいね。

≫次ページでは、ラッピング用品とラッピングアイデアをご紹介しています。