薬品により、化学的に水中のCO2濃度を上げる方法

水中に薬品の詰められたアンプルをセットし、化学的に水槽内のCO2濃度を上げる方法です。どの程度のCO2が得られるかは不明ですが、多くの方がその効果に疑問を感じているとだけ言っておきましょう。

上記に上げた以外にも、触媒を電気分解することによってCO2を発生させるアイテムや炭酸水を直接水槽内に注ぐ…なんて方法もあります。やはり、ランニングコスト、効果、拡張性、美観などを考慮すれば、高圧ボンベによるCO2強制添加が群を抜いて秀でてるいるといって過言ではありません。

では次回は、より具体的に高圧ボンベを使用しての、CO2の強制添加について解説していきます。



長谷川秀樹の誰でも解かる!水草指南
第1回水草水槽のすすめ
第2回フィルターの重要性
第3回照明と二酸化炭素
第4回CO2添加方式のバリエーション
第5回CO2高圧ボンベを使用しての強制添加
第6回トータル的に優れた照明—蛍光灯
第7回水草水槽に適した底床


メールマガジン発行中
新着記事や更新情報を毎月一度無料でお届け。メールマガジンでしか読めない豆知識や連載コラムも大人気。皆様のご購読お待ちしております。
登録・バックナンバーの閲覧はコチラ。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。