年間20万円以上獲得した場合は確定申告が必要?

確定申告が必要?

確定申告が必要?

給与を受け取っているサラリーマンの場合は、給与以外で年間20万円以上収入がある場合は確定申告をしなければなりません。では、ポイントやマイレージは収入とみなされ、年間20万円以上獲得した場合確定申告が必要でしょうか?

ポイントについては税務上の規定がないため、はっきりとした決まりはないようですが、税理士にそれぞれの場合について確認しました。

ポイントサイトなどで獲得したポイントをキャッシュバックした場合

ポイントサイトとは、サイトに掲載されているバナーからショッピングすると、ショッピング金額に応じたポイントを獲得できたり、アンケートに答えたり、友達の紹介などでポイントを獲得できるサイです。

中には、1か月で数万円分のポイントを獲得しているという強者もいるようで、数万円分のポイントを銀行口座にキャッシュバックしている人もいるとのことです。

この場合は、雑所得とされる可能性が高いとのことで確定申告が必要となります。ただし、年間20万円キャッシュバックされたから確定申告が必要ではなく、必要経費を控除した金額が20万円以上となりますので、例えばドメイン代やサーバー代、通信費の一部など経費とできますので、全て引いた金額が20万円を超えた場合に限ります。

クレジットカードのポイントを金券に交換した場合

クレジットカードのポイントJCBギフトカードや商品券等の金券に交換した場合はどうでしょうか。こちらも、必要経費を控除した金額が20万円以上となる場合は雑所得とみなされる可能性が高く、確定申告をした方が良いようです。

ポイントを他のポイントやマイル、商品に交換した場合

ポイントを他社のポイントに交換したり、マイル、商品に交換した場合は、グレーゾーンで雑所得とされる可能性は低いとのことです。

念のため管轄の税務署に確認を

今回紹介したのは、あくまでも可能性が高いか低いかで、実際には住んでいる地域の税務署に確認してください。ただし、現時点では税法上の規定がないため、担当者によっても回答が変わる可能性もありますが、税務署に確認したというのは一番安心できる方法です。