生まれた順、性差、相性などの違いで
子供に愛情差が出てしまう場合もある

onaziyouniaisenai

生まれた順、性差、親子の相性などの違いにより、同じように愛せない事もあるでしょう。いつも叱られ役の子の良いところを見つけたら、「あ、こんな可愛いところあるんだ」と思った瞬間、即メモしておきましょう

学校の成績が良い姉に比べ、勉強が嫌いな妹。ママの言ったことを素直に聴きテキパキしている弟に対し、いつものんびりしている兄。第一子が何でもよく出来き優秀な場合、それを基準に考え、下の子は何をしても出来が悪いと感じたり、反対にマイペースな第一子に比べ、第二子は兄姉の行動を見ているので要領も良く、年齢が幼い分、可愛く思ったりすることはないでしょうか。

それらは生まれた順、性差、親子の相性などの違いにより、生じてくることは当然あるでしょう。

「お風呂に入る時間よ」と声をかければ、いつまでもテレビを見てダラダラしている、きちんと片づけられない、忘れ物をよくするなど、何故かイライラするのは同じ子ばかり。

 

そうなってくると、同じように食事をしていても一方の子には「いっぱい食べるのよ」と声をかけ、いつもイライラする方の子には、「何モタモタしてるの、サッサと食べなさい」と言ってしまう。

小さな家族という集団の中で、一旦叱られ役が決まってしまうと、ドンドンその子への気持ちがエスカレートしてしまい、最悪のときは、虐待などに繋がる可能性もでてきます。

叱られる方はいつも同じ、更なる悪循環が親子の溝を深める

そしていつも叱られて、「自分は親に愛されていない」と感じながら成長する子供は、「どうせ私なんか……」「ボクばっかり……」が口癖になり、その子が更に可愛くなくなります。やがて親への反抗心も強まり、親子の溝は深まるばかり。

このような悪循環を繰り返し、同じように我が子を愛せない自分を責めたり、深まる親子の溝に悩んでおられるママに、子供たちを少しでも同じように愛せるよう、ちょっとしたコツをご紹介しますね。

>>>兄弟・姉妹を同じように愛せないと悩むママへのアドバイスを次ページでは記しています。