「叱らない子育て」が「叱れない親」を作るのか?

正しい叱らない子育てにはバランスが必要

正しい叱らない子育てにはバランスが必要

先日、女優・後藤久美子さんのインタビュー記事の中で彼女は、「話が終わってないのに捨て台詞を吐いて去っていくのを、飛び蹴りで止めたこともあります。(中略)叱らない親というのは、私は賛成しない」と答えていました。叱らない親について、あなたはどう思われますか?

今、「叱らない子育て」が育児の流れとして存在します。そして、「叱れない親」が増えていることも問題になってきています。ここでいう「叱れない親」というのは、
  • 公園で自分の子が他の子を叩いても見逃す
  • スーパーで商品を食べてしまっているのに注意しない
  • レストランで子供たちが大騒ぎしているのに何も言わない
など、子供の行動をそのまま容認してしまうケースを指します。

これを読むと、今の流れである「叱らない子育て」がそもそも良くないから、「叱れない親」が増えているのではと思うかもしれません。しかし、実際はそうではなく、「叱らない子育て」が間違って捉えられてしまったことで、「叱れない親」が増えてしまっているのです。

では、「叱らない子育て」の正しいバージョンと間違ったバージョンの差はどこにあるのでしょうか?


正しい「叱らない子育て」で活用するものとは?

親は、子供の行動を正したいときに叱ります。つまり、子供の行動の方向性を変えるのが叱ることの一番の目的です。
  • 叩く→叩かない 
  • 片づけない→片づける 
  • テレビを見る→テレビを消す
のように、多くは、子供の行動と親の願望が逆方向を向いているので、大きな方向転換を要します。

では、子供の行動を変えるのに一番効果的な方法は何だと思いますか? 厳しく叱ることでしょうか? 怒鳴ることでしょうか? 叩くことでしょうか? どれも違います。一番効果があるのは、ほめることです。たしかに、厳しく叱ったり、怒鳴ったり、叩いたりすれば、無理やりでもその行動を制止することはできます。が、次が続きません。無理やり止めさせたのでは、子供は改心できないからです。

今の心理研究で分かってきているのは、子供の行動を改善するには、ほめのパワーが必要で、叱るだけでは力不足だということが分かってきています。それゆえ、「叱らない子育て」なのです。「叱る」というと、なんとなくパワフルな印象がありますが、子供の行動改善をする力としては「ほめ」ほど強くありません。

>では、正しい叱らない子育てを実践しているママは「ほめ」をどう活用しているのでしょう? 次ページで、先にあげたレストランの例を用いて解説していきます。