前回はプロデューサー巻きをおしゃれに見えるコツをお教えしました。
今回はプロデューサー巻きのアレンジテクニックを3つご紹介します。

アレンジ1:薄手ニットで、アシメントリー巻き

カジュアルなシーンやプライベートなシーンでは、プロデューサー巻きもちょっとリラックスした、抜け感のある巻き方にしたいものです。そんな場合、きちんと巻いたプロデューサー巻きを左右どちらかに、ずらしてみましょう。左右対称ではなく、アシメントリーに巻くのです。そうするだけで、お洒落感とリラックスな印象をつくることができます。

【Before】ふつうの左右対称のプロデューサー巻き
通常のプロデューサー巻き。

普通にプロデューサー巻きをするとこのようになります。

【After】右肩にかかるようにズラして左右非対称に

斜めにずらすことで、抜け感を出す。

左右対称にするのではなく、あえてずらす!

いかがですか? どちらかにずらすことでおしゃれでリラックスした印象をつくることができます。ストールをラフに巻いたような印象になりますね。この場合、シルクウールのような薄手のニットだと落ち感がよく、さりげなく巻くことができますよ。


アレンジ2:厚手ニットでスヌード巻き

次にご紹介するのは、厚手のニットのプロデューサー巻きです。
本来、プロデューサー巻きに適しているのはシルクウールのような素材のニットで、少し柔らく滑らかなモノが巻きやすく、巻いたときもきれいに見えるものです。しかし、ニットのボリュームを活かした巻き方をすれば、厚手のニットでもお洒落なプロデューサー巻きができるのです。

1.袖の先をロールアップする
袖を折り返してニュアンスをプラス。

厚手のセーターでプロデューサー巻きをします。セーターの袖を折り返してニュアンスをプラス。

まずは袖先の部分をひと折りしてロールアップし、少しボリュームを出します。重さが出るので結んだ袖先が落ち着きやすくなり、見た目にもポイントになります。

2.ニットを肩にかける

セーターを背中に羽織るようにして、肩から袖を垂らして

セーターを背中に羽織るようにして、肩から袖を垂らし、胸元で一回かるく結びます。

巻いたときにタグが見えないように襟ぐり部分を折り返し、写真のようにがニットを背中に回し、肩に掛けます。そうすると、前からはカーディガンの袖部分が肩から垂れる形になります。


3.ニットの袖部分をボリュームアップ
袖をひと結びしてから、襟を立てるように袖部分にボリュームを持たせる。

袖をひと結びしてから、襟を立てるように首回り部分のセーターを引き上げ、ボリュームを持たせます。

輪郭に沿うくらい、首周りの袖を引き上げるようにして、ボリュームアップ。

4.完成
ウールのセーターのボリューム感を活かしてスヌードのようなニュアンスに。

ウールのセーターのボリューム感を活かしてふんわりとストールのようなニュアンスに形を整えます。

巻くニットはウールなど、少しごわごわした素材のものを選ぶのがコツ。巻き方のコツは、プロデューサー巻きをしたあとに、首回りをカバーするようにニットを少し持ち上げながら形を整えること。ストールやマフラーの役割もかねてくれて一石二鳥です。