東京モーターショーで見ておきたいミニバン・SUV

10月30日から開催される「東京モーターショー2015」。こちらの記事でご紹介した「見ておきたいコンセプトカー」に続き、今回はミニバンとSUVの市販(市販予定を含む)の注目モデルを国産、輸入車を問わずピックアップしたい。

レクサスRXがフルモデルチェンジ

レクサスRX

新型レクサスRXは、全長4890×全幅1895×全高1710mm


レクサスから出展される「レクサスRX」は、スピンドルグリルを大型化するなど大胆に生まれ変わった4代目。デザインのインパクトでは、弟分で後から出てきたレクサスNXにお株を奪われていた感のあるレクサスRXだが、フルモデルチェンジでプレミアムSUVに欠かせない存在感が増している。

ほかにも、ボディ構造やサスペンションの改良により、「快適な乗り心地とドライバーの意思に忠実に応える応答性を両立した走りを実現」しているというからその走りも楽しみだ。 パワートレーンは、得意のハイブリッドに加えて、2.0L直噴ターボエンジンを設定。

ホンダ・オデッセイ・ハイブリッドが登場

オデッセイ

ホンダの大型ミニバンとしては初めてハイブリッドが設定される(写真は、オデッセイ ABSOLUTE・20th Anniversary)


ホンダからは写真はプレスデーまで公開されないようだが、「オデッセイ・ハイブリッド」が設定される。同社の大型ミニバンでは初のハイブリッドで、トヨタのアルファード/ヴェルファイアが独走する同クラスでどれだけ存在感を示せるか注目だ。

システムはアコードやレジェンドにも搭載されている「Sport Hybrid i-MMD」で、発進時などはモーター走行も可能。燃費と走りの楽しさを両立するとしている。

日産は人気モデルの特別仕様車にも注目

日産エクストレイルハイブリッド

上質な内・外装が魅力のエクストレイル・ハイブリッドの「モードプレミア」


日産は「エクストレイル・ハイブリッド・モードプレミア」を出展。専用フロントバンパーやLEDヘッドランプ、フォグランプ、専用18インチアルミホイール、フルカラードエクステリア、デュアルエキゾーストマフラーなどの専用エクステリアに加えて、ストーンホワイト/ブラックの本革シートなどを備えたラグジュアリーなモデル。

スバルはフォレスターとスバルXVをビッグマイナーチェンジ

スバル・フォレスター

スバル・フォレスターがビッグマイナーチェンジ。アイサイトがバージョン2からバージョン3に進化している


スバルは、10月28日発売予定の「フォレスター X-BREAK」を出展。こちらはビッグマイナーチェンジモデルで、フォレスターにもアイサイト3が搭載される。

スバルXV

スバルXVもビッグマイナーチェンジを受けてモーターショー開幕日に発売される


また、「SUBARU XV 2.0i-L EyeSight」もビッグマイナーチェンジを受け、10月28日に発売される予定だ。内・外装のリフレッシュに加えて、「アドバンスドセーフティパッケージ」をオプション設定し、安全性も向上させている。

次ページは、スズキ、ダイハツと注目の輸入車をピックアップ