新型スズキ・エスクードを披露

スズキ・エスクード

スズキ・エスクードが新型にスイッチ。すでに発表、発売されているが実質的には東京モーターショーがお披露目の場になる


スズキからは、東京モーターショー前の10月15日に発表、発売された「エスクード」が市販SUVだが、実質的にはお披露目の場となる。FRからFFに変更された2WDと4WDを設定し、スタイリッシュに生まれ変わったエスクード。

4WDには「ALLGRIP」と呼ぶ電子制御4WDを搭載。パワートレーンは、1.6Lの直列4気筒DOHC VVTエンジンに、新開発の6ATを組み合わせ。ミリ波レーダー方式による衝突被害軽減システム「レーダーブレーキサポート2」やACC(アダプティブクルーズコントロール)の標準装備など安全装備も充実している。

注目モデルのダイハツ・キャスト

ダイハツ・キャスト

3つのボディバリエーションを設定するダイハツ・キャスト。中でもアクティバは車高を高めることで悪路での走破性も高めている


ダイハツでは市販モデルの「キャスト」が注目を集めそう。SUVテイストの「アクティバ」は、最低地上高を30mm高めて機動性を確保し、FFと4WDを設定。街中から雪国まで幅広いシーンで活躍しそうなモデルに仕上がっている。


メルセデス・ベンツは新型Vクラスを出展

メルセデス・ベンツVクラス

新型にスイッチしたメルセデス・ベンツVクラス。ディーゼルエンジンのみという大胆な戦略がどうでるか注目だ


輸入車ナンバーワンの座をフォルクスワーゲンから奪還できるか注目のメルセデス・ベンツからはモーターショー前に発表された新型「V-Class」が出展されるはずだ。

すでに発表されている新型Vクラスは、来年1月の発売予定になっているが、エンジンは163ps/380Nmの2.2L直列4気筒ディーゼルターボのみという大胆なラインナップ。ボディタイプは標準、ロング、エクストラロングの3つを設定し、ニーズに応じるのも特徴だ。

新型BMW X1に注目

BMW X1

BMWのコンパクトSUV、X1がフルモデルチェンジ


さらに、輸入車では、スズキ・エスクードと同様に東京モーターショーの前に発表された「BMW X1」が注目を集めそう。2WDがFRからFFになり、全長は短くなっているが、全幅は20mm拡大し、1800mm幅を超えている。この辺りが日本の都市部に住むユーザーにどう受け入れられるか注目だ。

VWはティグアン、ゴルフ・トゥーランの新型を披露

トゥーラン

SUVのティグアン、ゴルフ・トゥーランをフルモデルチェンジ。VW復権の切り札になるか(写真はトゥーラン)


ディーゼルの不正問題で揺れるフォルクスワーゲン。ディーゼルモデルは回避され、SUVの新型「ティグアン」、ミニバンの新型「ゴルフ・トゥーラン」が登場。

両モデルともにMQBプラットフォームを採用し、現行ゴルフ同様に高い完成度をパッケージングから走りまで達成。ボディサイズはともに拡大しているが、室内空間や荷室も広くなり、実用性が向上している。

新型アウディQ7にPHVを設定

アウディQ7

アウディQ7がフルモデルチェンジ。東京モーターショーにはプラグインハイブリッドモデルが出展される


アウディからは新型Q7が復活する。東京モーターショーには「Audi Q7 e-tron 2.0 TFSI quattro」が登場し、A3スポーツバックに続くプラグインハイブリッドで、Q7 PHVの日本導入の正式アナウンスがあるか注目だ。

ジャガー初のSUVが登場

ジャガーF-PACE

ジャガー初のSUV「F-PACE」。ハイパフォーマンスSUVに仕上げられている


ジャガーからは同ブランド初のSUV「F-PACE」が日本でも披露される。パフォーマンス・クロスオーバーを謳う同モデルは、3.0LのV6スーパーチャージャーに加えて、2.0L直列4気筒ディーゼルエンジンも日本に導入される。ジャガー・ファンだけでなく、SUVに注目する層も無視できない存在になりそう。

ランドローバー史上最速を誇るモデル

レンジローバー・スポーツSVR

ランドローバー史上最速を誇るレンジローバー・スポーツSVR


ランドローバーからは「レンジローバー・スポーツSVR」が日本初登場する。550ps/680Nmのスペックは、ランドローバー史上最速を誇るSUVで、0-100km/h加速はわずか4.7秒、最高速度は260km/h(リミッター作動時)を誇る。


駆け足で注目のミニバン・SUVをお届けしてきたが、ミニバンよりもSUVが多くなるのは最近の流れといえるだろう。ほかにも数多くの注目モデルが展示されるから東京モーターショーに足を運んで実車をチェックしてみてはどうだろうか。

【関連記事】
■東京モーターショーで見ておきたいコンセプトカー

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。