クルマのプロフィール

一過性の流行でなく、ながく愛される「いい軽」を造ろうという思いがそのまま車名となってしまった三菱の新型軽自動車。安易なようで、分かりやすい!

このクルマの特徴はズバリ、シンプルで日常生活の中で使いやすいデザイン&中身。背が高く見えるけれどもほとんどの立体駐車場も利用ができ、なおかつ乗降性に最適なパッケージングも大きな特徴。なにしろ車内を見渡すと、フロントをベンチシートとしたことでかなり広々とした空間が迎えてくれる。後席に座っても窮屈感はなくて、足元にも余裕がありゆったり。一人で乗っているとこれで軽自動車?と思うほど。

さらにシンプルさはデザインだけでなく1エンジン、1グレード展開という、車種選びもシンプルにできるのも嬉しい限り。(必要な装備は各自でオプションで選んでね、という無駄を省く発想なのだ)

走りは徹底した街乗り志向。ちょっとスポーティ感覚の乗り味だけど、タウンユースは気持ちよくスイスイ走れてしまう。ただし高速道路、とくに合流とかはちょっと苦手。このへんはやっぱり軽自動車かな、と感じてしまう部分だけど。

でも全体的には使いやすく、乗りやすい!! そして何より感じのは、長く乗っていても飽きがこない造りだな、ということ。ただカップホルダーとかのスケルトンは、5年後にどう映るか難しいところだけど……ね。