PAGE1  クルマのプロフィール
PAGE2  室内&チャイルドシート装着インプレッション
PAGE3  総括

その他のクルマの記事を見る


★クルマのプロフィール 

 国産ミニバンの中で、もっとも大きなサイズで、なおかつ豪華仕様となっているのが日産・エルグランドとトヨタ・アルファード。
 この2台、良い意味でお互いを意識し合ったライバル同士。発売時期もほぼ同じ、ユーザー層も同じだし、顔つきも、両車ともインパクトの強いデザインに。ちなみに価格帯も289~450万円のエルグランド、265~423万円のアルファードと、微妙な勝負。購入を考えるのなら、やはり両車見比べて選ばないとね。
 というわけで、いつもの中身チェックとは趣向を変えて、2台を比較しながら見ていきたいと思います。


 ボディサイズは若干だけど、アルファードのほうが大きめ。とは言え、どちらも最小回転半径は同じだし、なおかつ視界も大差はなし。ただしアルファードのほうが、運転席のシート角、とくに座面全体の高さ調整に加え、前のほうの高さ(膝裏にあたる部分の座面)の上下調整も可能。より細かく自分の体型に合わせられるのが、アルファードのシートになっています。
 また両車、後席はスライドドアになっているけれど、大きな違いがあるのが窓。アルファードは2列目シート部の窓が上下に開けるけど、エルグランドは開閉不可なタイプ。このへんも子供を乗せたりする場合には、けっこう気になる部分ですよね。


エルグランド3.5Xアルファード3.0MZ
全長4795mm4800mm
全幅1795mm1805mm
全高1920mm1935mm
最小回転半径5.6m5.6m
乗車定員8名8名


 クルマの心臓部の話しをすると、エンジンはエルグランドが3.5Lに一本化。アルファードは2.4Lと3Lの二本立て。またFRのエルグランドに対して、FFのアルファードと、ここに大きな違いが(ただしどちらも4WDの設定はあります)。
 実際に走らせた感じの違いも大きく、エルグランドはゆったりとした走りで、どちらかというと乗り心地を重視したコンフォート派。対してアルファードは、3Lエンジンでも「速さ」という点ではエルグランドに負けていない。それよりも動きが身軽で、とってもスムース。なんか大きいクルマを走らせている、という感覚がなくなる感じでした。この乗り味の差は好みで分かれるところで、軽快感のあるカチッとした走りが好きな人はアルファード、逆にホワンッとしたゆったり感のある乗り味が好きな人には、エルグランドがオススメです。
 どちらも静粛性という部分ではバツグン。後席に乗った時の乗り心地もなかなかのものでした。

次は室内チェック & チャイルドシート・装着インプレッションです→