10月スタートのNHK朝ドラ『あさが来た』。大阪を拠点に活躍した女性起業家・広岡浅子氏をモデルに、江戸末期から大正時代までを生き抜き、のちに日本初の女子大(日本女子大学)を設立する白岡あさの生涯が半年に渡って描かれます。

主人公がNHKの連続テレビ小説史上、最もリッチな境遇であることや子役の上手さと可愛らしさ、あさの夫・新次郎を演じる玉木宏さんの少女漫画モードな萌え芝居、あさの姉・はつの夫、白蛇さんこと惣兵衛のツンデレぶり、あさとはつ、それぞれの姑の濃縮された嫁いびり(?)、更には2004年にオンエアされた大河ドラマ『新撰組!』の土方歳三を、山本耕史さんが当時の衣装を着て再び演じるなど、すでに話題沸騰&視聴率も超安定の本作。

今回はあさが嫁いだ大阪の加野屋=白岡家関連の登場人物たちの中から、物語に色合いとパンチを添える舞台出身の”アノ人たち”をご紹介していきましょう!

大番頭と中番頭の名コンビ!
山内圭哉 三宅弘城

あさの嫁入り先、大阪の加野屋は両替屋。これは今でいう銀行の様なもので、大名や武家に金銭を貸し付け、その利子で利益を上げている商家です。

この加野屋で大番頭、中番頭として采配を振るいながら時折お茶目な顔をのぞかせるのが大番頭・雁助役の山内圭哉さんと中番頭・亀助役の三宅弘城さん。お二人とも個性派俳優として映像のみならず、多くの舞台で活躍しているプレイヤー。

山内さんは1971年生まれで今年44歳に。幼少時は児童劇団で活動し、1992年から99年まで中島らも氏主宰の「笑殺軍団・リリパットアーミー」に所属。退団後の2001年からは関西を中心に活動する劇団「Piper」のメンバーになっています。濃い顔立ちとスキンヘッドが特徴で、最近ではドラマ『民王』の公安・新田役として認識している方も多いかもしれません。

三宅さんは1968年生まれの47歳。小劇場界でも体のキレる俳優として有名で、愛称は「三宅マン」。ケラリーノ・サンドロヴィッチ氏主宰の劇団「ナイロン100℃」では創立メンバーとして多くの公演に出演し、宮藤官九郎氏のバンド「グループ魂」では”石鹸”の名前でドラムを担当しています。

お二人の最も近い舞台での共演は、昨年上演されたナイロン100℃の『社長吸血記』。この作品では山内さんが三宅さんが所属するナイロンの舞台に客演する形となりました。

共演の機会もあり、演劇界の中でも近い位置で活動しているお二人のボケとツッコミが瞬時に入れ替わる呼吸は『あさが来た』の中でも安定感抜群。最近では波瑠さん演じるあさにアップリケを付けて貰って、図柄の猫にデレる山内さんと、あさの破天荒ぶりに振り回されながらも、どこかほんわかしている三宅さんの姿がSNSでも話題に。

さらにお二人はあのドラマでも共演(?)しています。

そのドラマとは?そして女性陣もPick Up!