アン・ハサウェイの魅力いっぱいの新作

『マイ・インターン』(2015年10月10日公開)
マイ・インターン

アン・ハサウェイとロバート・デ・ニーロの相性が抜群!

アン・ハサウェイとロバート・デ・ニーロの共演が話題の映画『マイ・インターン』は、アン演じるジュールズがファッションサイトの社長、デ・ニーロ演じるベンがアンの会社のシニア・インターンという意外性のあるキャスティングが新鮮な作品です。

ファッションサイトの社長ジュールズ(アン・ハサウェイ)のもとに70歳のインターンが配属されます。彼の名はベン(ロバート・デ・ニーロ)。最初はベンを煙たがっていたジュールズですが、ベンの誠実な仕事ぶりや思いやりに触れて、頼りにするようになり、やがて悩みまで打ち明けるのです。

そして彼女は大きなターニングポイントを迎えることに……。
マイ・インターン

時間を無駄にしたくないので、社内を自転車移動する社長

彼女の悩みは早くに仕事で成功を収めてしまったゆえの不安、夫婦問題、親子問題など、働くママなら抱いたことがあるであろう、身近なことばかり……。

だからこそ、この映画は観客の共感を呼びますし、働く女性の心にベンの励ましの言葉が刺さるのです。心が折れそうなときに、サっと手を差し伸べられ、こんなこと言われたら……と想像すると泣けてきます。
マイ・インターン

名優デ・ニーロ、今回はマフィアではなく、心やさしいインターンです

ジュールズ=アン・ハサウェイっていうのもまた共感ポイント高い。ちょっとお嬢さんぽいかわいい彼女ゆえに、女社長をやっている姿が背伸びしているように見えるのです。それが彼女の悩みを際立たせるのですね。「お嬢さん、できるの?」と株主に不安に思われているのではないかとジュールズが悩む気持ち、わかる!

若いから頼りないと思われているのではないかと不安になること、働いているとあるでしょう。この映画のジュールズにはそんな共感ポイントが多いのです。だからこそ一緒に凹み、ベンになぐさめられると、うれしくなってしまうのです。
マイ・インターン

共感度高いヒロインを好演したアン・ハサウェイ

正直男性は共感ポイントが低いかもしれませんが、これを見て、働く女性の気持ちを理解するっていうのもありかも?


監督:ナンシー・マイヤーズ 出演:ロバート・デ・ニーロ、アン・ハサウェイ、レネ・ルッソほか
(C) 2015 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

>次のページではアイドル女優らしい可愛さを見せる作品を。