最後の大勝負…天龍は時代のバトンを渡すのか!?

どうしてもオカダのプロレス大賞2年連続受賞の時のコメントがクローズアップされますが、天龍がオカダにずっと対戦を迫っていたのは、怒りはもちろんあったとしても「未来のプロレス界を引っ張っていく男と勝負してみたい!」というプロレスラーとしての純粋な気持ちが強かったのだと思います。

天龍は全日本プロレスに在籍していた89年春に「俺は時代の流れの中にいたいんだよね。同じ時代に生きている人とは全員やってみたい。何年か経って”あの選手はどうでしたか?”って聞かれて”いや、闘ってないんでわからないよ”じゃ寂しいでしょ。だからアントニオ猪木さんとも闘ってみたい」と発言して話題になりました。当時の日本プロレス界の状況ではあり得ない対決でしたが、92年7月にWARを旗揚げした天龍は、94年1月4日の東京ドームで猪木とシングルマッチをやって勝ちました。猪木戦を初めて口にしてから5年後に実現に漕ぎ着けたのです。

「平々凡々とやっていたら、すぐに時代に取り残される。常にリアルタイムに生きていたなら、マンネリズムにならず、新しい何かを探していくことだ」と第一線で生き抜いてきた天龍は、猪木戦だけでなく同世代の長州力、藤波辰爾、闘魂三銃士の武藤敬司、橋本真也、蝶野正洋、武藤の別人格のグレート・ムタ、三銃士と同じ世代の佐々木健介、馳浩、第三世代の天山広吉、小島聡、中西学、永田裕志、さらに下の世代の棚橋弘至、中邑真輔、柴田勝頼など、新日本プロレスの何世代にもわたるトップ選手と闘ってきました。

大仁田厚の電流爆破マッチが話題になっている時には「大仁田が本当に邪道かどうか、俺の体で確かめてやる」と、猪木に勝ったわずか4カ月後の94年5月5日に川崎球場で電流爆破のリングに立ち、大仁田を撃破しています。さらに「まだ体験したことがない最後の領域はUWFスタイルだけ」と96年にはUWFインターナショナルの高田伸彦と1勝1敗の五分の闘いをやっています。また”女子プロレス最強の男”と呼ばれた神取忍と性別を超越した一騎打ちもやりました。90年4月に全日本を離脱した天龍ですが、その後に四天王プロレスを確立した三沢光晴、川田利明、小橋建太、田上明との闘いも「成長した彼らを体感してみたい」と00年7月~03年6月の全日本復帰期間に川田、04年にはプロレスリング・ノアに上がって三沢、小橋、田上との再会を実現させています。その後も最先端プロレスと言われるドラゴンゲート、エンターテインメント・プロレス=ファイティング・オペラとして話題になったハッスルのリングにも上がりました。39年間のプロレス人生で天龍はやれることは全部やってきました。ジャンルにこだわらず、負けるリスクを恐れずに次々に夢の対決を実現させてきたからこその”ミスター・プロレス”なのです。

そして最後はオカダ戦。少しでも不安があるならタッグマッチにすることもできたでしょうし、あるいはメモリアルマッチとしてまったく違う試合を組むこともできたはずです。でも天龍は最後まで勝負にこだわりました。きっと「もし5分で倒れてしまったら、それはそれでいい」という覚悟を決めているはずです。

オカダへの怒りを口にする天龍ですが「天龍源一郎を踏み台にして、食いちぎって伸びていけるならそれもヨシだよ。池の鯉に投げた麩になったってそれはそれでいい」「この体、プロレス界で食い潰してくれという気持ちだよ。まあ、競馬馬だったら種牡馬として種を残していきたいね」と常々言っているだけに、闘ってみてプロレス界を託すにふさわしい男だと感じたら、きっと気持ちよく豪快にオカダに時代のバトンを渡すことでしょう。反骨の男・天龍だけにもちろんキッチリと勝ち、昭和プロレスを見せつけてリングを降りるつもりでしょうが…。

65歳の天龍が11月8日に28歳になるオカダ相手にどんなプロレス人生の幕引きを見せるか? プロレスファンなら絶対に見逃してはならない歴史的大一番です。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。