漢方薬局にすんなり来れる人と、よくわからないっていう人がいると思います。そのへんはどうなのでしょう

最近、漢方がいいなと感じてくれる人が増えてきているとわかるのです。子供たちがこの前を通るのですが、くせ~っていう人といい匂いっていう人に分かれます。いい匂いって思う人は求めているということでしょう。

そういう人が増えていますね。化学的なものに傾きすぎていて、人間はバランスを取ろうとして、自然なものを求めていて、多くの人が漢方を必要だと思っているようです。一番のネックは金額ですね。漢方薬局っていうとものすごく高いっていうイメージが強いので、その折り合いがつかないと、二の足を踏んじゃうのかなって思いますね。

コスト面ですが、むつごろう薬局は 金額を決めているんですよね

1日600円と消費税です。ただ600円が高いという人もいますよね。600円が高いと言うけどスマホで1万使う人もいますよね。それは価値観ですので、難しいですね。確かに、医療用のエキス剤は漢方だけど、満足できない人が増えてきているようです。漢方だからいいというわけではありません。うちはお店に来てもらいたいんです。
kanpo

調剤室の様子です。


ネット社会なのでネットで買えるものもたくさんありますが、店に来ないといけないものもあると思います。私たちは、私たちの店に来てもらったほうがいいと思っています。いい匂いとか、雰囲気とか、相談、人と人とのふれあいとかを感じてもらいたい。それが私たちの役割かなと思っています。

静岡の薬局に来てもらうということってなかなか難しいですよね。東京にいる人向けに行われている東京でのカウンセリング日は何曜日ですか

火曜日と土曜日ですね。電話にて予約制です。(むつみ薬局)

大体カウンセリングはどれくらいかかりますか

初めての方は1時間くらいです。薬を出すまで1時間くらいです。本当は、1時間半から2時間くらいほしいですが、1時間くらいでしょう。2時間とっちゃうと対応できなくなります。でも空いていれば2時間やります。2回目以降は、30分から45分くらいです。

ここに来るにあたり、静岡での知名度が高いのに驚きましたが、何かブランディングのコツがあるのですか?

長いですからね。もう20年です。
漢方ってやっぱりいいと思います。本当に。自分がやっていて、ここまでいいものって他にあるかなって思ったときに、やはり漢方はいいなって思います。

いいものなので、興味がある人には使ってもらいたいなと思います。それから、やはり漢方は間違いなく煎じたほうがいいです。私たちが生薬を畑から作って、乾燥させて作ったものを今度は逆に家に帰って、水に入れて、ふやかして抽出する、というのは、大地からもらったエネルギーを生薬のなかに吸収させて、それを水に戻して、それを飲むということです。
kanpo

漢方薬にはエキス剤と煎じ薬があります。写真はツムラのエキス剤。


サイコという漢方が静岡にあるのですが、その根がこんなに小さくて地上部が10倍くらいです。植物で、一番ストレスとなるのは乾燥で、この根っこが小さいので、あまり水を吸えません。動けないので油をたくさんためるわけなのですが、その油を抽出して人間が飲むと、肝臓の油を排出させてくれるんです。自然からもらった恵みを人間が体の中に取り入れて、刺激して毒素を排出されるというまさに循環。つながっているんです。

これはすごいですよね。例えば、乾燥地帯の甘草は体の中に入ると水を貯めます。水に対して欲張りな生薬は、人間の中に入ると水を排出させるとかですね。

エキス剤と煎じ薬が同じだと思っている人が多いと思いますが、違いますよね

あまり言い過ぎるとお医者さんに語弊になってしまうので難しいですが、現実は、漢方は煎じるものが基本です。あるメーカーの社長さんが、葛根湯を煎じるものと、葛根湯のエキス剤では、薬が違うと言っていました。

作っている会社の人が言っていたんです。証が違うということです。漢方的な証を合わせるとしたら、若干、ズレがでるのではないかなと思います。極論はそうですが、粉を否定するわけではありません。粉としても有効に使っている人もたくさんいるので、粉もいいと思うのですが、もうすこし漢方の良さや楽しみを知ってもらうために、自分を作るとか香りを楽しむということをやってみてほしいと思います。

自分でコトコトしてみて、家族の人に作ってあげると想いも通じますよね。弁当屋で弁当買うのと、手作りって違いますよね。今の時代、作るって大切な気がします。家族のためにとか、二人のためにとか、家族が一体となって煎じて飲んでいく、そういう心のつながりみたいなのも、煎じることでできるんじゃないかなという気がしています。うまく表現できませんが。
kanpo

一個ずつゆっくり見たい感じです。


我々はほっとする薬局を目指しています。奇抜に展開ではなくて、本当に来てくれて、心が通じ合って、そして、ホッとしてもらって、リラックスしてもらって、活力がでてきて、生きるとか、生命を生む力を養ってほしい。来てもらうことでお母さん、お父さんにそういう気持ちをもっててもらいたいと思っております。

取材を終えて

私は煎じる漢方というと草の根っことか、なんだかよくわからないし、高いと聞くし、怪しいもののように感じていました。しかし、このようにきちんと説明してもらえると、そう処方されてきた理由がきちんとあり、それが歴史あるもので長い間、人々の健康を改善してきたということがよく理解できました。

婦人科治療、特に不妊治療では漢方で妊娠したということもよく耳にします。それは漢方薬が効くとというわけではなく、東洋医学的な考えで基づく生活習慣の調整や食生活の変化、そのようなものも加味して、トータルで健康を維持・増進していこうということなのでしょう。

まだまだ聞きたいことがありましたが、お時間の関係もあり、今回はここまでとさせて頂きます。また、改めてお話を伺いたいと思います。

鈴木先生にはお忙しい中、取材に応じて頂きましたこと、心より感謝申し上げます。

■関連サイト
むつごろう薬局(静岡)
むつみ薬局(東京)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項