鍼灸は不妊に効果的と言えるのか…「不妊に効くツボ」の有無

鍼灸治療

当然ながら、「鍼灸が不妊に効く」と単純に言うことはできません。まずは不妊の原因をしっかりと把握することが大切です

2008年、『BMJ』(イギリス医師会雑誌)に掲載されたManheimer(1) の報告では、「胚移植前に鍼灸治療を受けることにより、妊娠率と生産率が有意に上がる」とされています。

一方で、「鍼灸施術の方法とタイミングを標準化しなければ、プラシーボ効果の範囲を超えないだろう」(2)(Meldrum 2013)という報告も。しかし、鍼灸も漢方と同様に、その方法とタイミングを標準化することは至難の業です。なぜなら治療は、ひとり一人違うカラダの様々な状態に合わせて行うため、同じ人であっても毎回手順や鍼を刺す場所が違うからです。

不妊の原因は様々です。私は講演会などで、よく「不妊に効くツボを教えてください」と聞かれるのですが、不妊は症状でもなく、病気でもありません。不妊は様々な原因によって起こる結果です。ですから、その様々な状況に合わせたツボや治療が必要になってきます。当然ながら「鍼灸が不妊に効く」と単純には言えません。鍼灸は不妊に効果的ではあるけれど、それは不妊の原因をしっかりと把握し、その原因に対して適切な治療を行えば……ということなのです。

人が不妊になる理由

人間のカラダは、高度に発達した神経系や内分泌系を持ち、それを絶妙なバランスで制御するシステムを維持することで健康を保っています。しかし近年、生活スタイルや食生活の激変により、このシステムを維持するのが難しくなっています。

システムが崩れると、妊娠に関連する中枢神経系とホルモン系の統合的・共同的な行動がうまく働かなくなり、それにより妊娠しにくくなると考えられます。また、原因不明な不妊の多くは、この絶妙なバランスが崩れたことで起こると考えられます。

このような場合、カラダをパーツごとに分けて診る西洋医学ではなく、カラダ全体を小宇宙と考え、カラダ全体のシステムを総合的に診る鍼灸が力を発揮します。鍼灸はカラダにあるツボへ鍼を打つことによってカラダのバランスを制御するシステムに働きかけ、崩れてしまったバランスを回復する手助けができるのです。

また、多くの鍼灸院では、治療と並行して生活習慣の見直しも行っていきます。具体的な内容は、私の著書『カラダを温めれば不妊は治る!』で紹介しているので、ぜひご参考にしていただければと思います。

多様な日本の鍼灸……近年は低周波鍼通電療法やレーザー鍼も

日本での鍼灸の歴史は約1200年と言われ、特に江戸期には鍼管の発明や目の見えない人の保護政策として、日本独自の鍼灸療法が確立されました。そのため、現在の日本では伝統医学から現代西洋医学まで、様々な理論や診療技術があり、他国の鍼灸と比べると多様性に富んでいます。

伝統医学の代表としては「経絡治療」や「中医鍼灸」があり、現代西洋医学の代表としては「神経反射理論」や病態把握に基づく「鍼灸療法」があります。私の鍼灸院では、経絡治療をベースに、現代鍼灸や最近普及しつつある頭皮鍼の一種、山元式新頭皮鍼(YNSA)。さらに、より効果を高めるため、低周波鍼通電療法やレーザー鍼(直線偏光近赤外線・スーパーライザー)などを併用しています。不妊鍼灸の選び方については、「失敗しない、不妊鍼灸の選び方」もあわせてご覧ください。