やっぱり男性の結婚観とは保守的なのです!

美男美女カップルですが、その選ばれるポイントは見た目以外のところにあったのです。

美男美女カップルだからこそ、本命に選ばれるポイントは「見た目以外」のところにあったのです。

今や街を歩いていても、キレイな女性はいっぱいいますが、男性から見れば「一緒に連れて歩きたい女性」と「一生守りたい本命の女性」は、必ずしも合致しません。

一般社会でも名声や財力を手にした男性の場合、それら目当ての結婚を狙って近寄る女性は多いことでしょう。だからこそ、「優しい、明るい、すれていない、真面目、清楚」というような保守的なキーワードこそが、それらの男性が本命女性に求めている大事なポイントなのです。

大成功しているヨン様の場合、多くの女性が結婚を夢見て近寄ってきたのではないかと思います。それによって相手がどのような目的で自分に接しているのか、ある程度見分けられるようになったのではないでしょうか。そんな彼に「この人だ!」と思わせたのは、やはりスジンさん自身が本来から持っている内面の力なのでしょう。“女は女優”といいますが、本質的な部分は誤魔化せないものです。

婚活している女性たちの中にも、結婚相手として男性を見る際、スペックをチェックしすぎたり、年収など経済的、地位などを気にしすぎている方がいるのではないでしょうか。そういった態度は、男性からは見透かされてしまうものです。
たとえどんなにキレイな女性であっても、相手が自分の上辺だけを見ているのなら、男性にとって「連れて歩きたいだけ」の女性になりかねません。

もう一度言います。
男性は何だかんだ言っても、結婚に関しては保守的なのです。
自分の結婚したいと思う本命の女性に対しては、何かしらの「神聖さ」を求めているんだろうな思います(笑)。その神聖さというのが、スジンさんの持つ印象の5つ、「優しい、明るい、すれていない、真面目、清楚」だと思うのです。

女性からすれば、「そんな都合よく、何言ってるの?」と思うかも知れませんが、そういった持ち前の内面こそがやはり結婚したい本命女性として選ばれる、いちばん大きな要素なんだろうと、改めてスジンさんの結婚を通じて考えさせられました。

<ガイドからの最新のお知らせです>
残席わずか!次回9月の「ライフデザインセミナー」はコチラです!
イベントなど最新情報はオフィシャルブログからどうぞ!


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。