離婚の原因として重要視されるセックスレス

離婚の原因として重要視されるセックスレス

セックスレスを甘く見てはいませんか?実は離婚原因の中でもセックスレスはとても多いのです。夫婦修復の場合、弊社の見解では、喧嘩したばかり……99%以上、性格の不一致・価値観の相違……90%以上の修復率であるのに対し、セックスレスは50%の確立でしか修復できない、重要な問題なのです。

「もう夫婦としてのセックスはないのか? 」
「このまま、どんどん年老いていくのか? 」
「愛されていないのか? 」

などの不安が増大し、「離婚」を考え始めるのです。

また、日本の民法や裁判では夫婦のセックスを重要なものとみなし、「パートナーがセックスを求めてきた場合、正当な理由なく拒否し続けてはならない」という見解もでています。実は、セックスが出来なくなったために、心療内科に行くカップルもあるくらい、夫婦のコミュニケーションには必要なものなのです。

では、セックスレスになったら、どうすればいいのでしょうか?
『セックスレス解消のポイントは相手ではなく、自分に視点を向けること! 』です。

セックスレスになったご夫婦の話を聞くと、相手を責める言葉ばかりが聞こえて来ます。セックスしなくなったのは、本当に相手のせいなのでしょうか? 実際にカウンセリングにいらした方にアドバイスするのは、こんなポイントです。