”ダメ母”は、こうやって作り出される!

我が子の寝顔に「ごめんね…」はよくあるパターン

我が子の寝顔に「ごめんね…」はよくあるパターン

難しい子育ての中で、母親としての自信を失ってしまうママもいます。気分の落ち込みや自己嫌悪は、何か悪い事が起こった後に発生するもの。
  • 言い過ぎた
  • 叱り過ぎた
  • もっと○○してあげればよかった
こう思うことで気持ちが沈んでいきます。そしてさらにエスカレートすると、「私はダメなママだ」「母親失格だ」と自分を非難し、自己嫌悪に陥ってしまうのです。

いったん自分のことを「なんてダメな母親だ」と感じると、すべてがそう思えてきてしまうものですが、「母親失格だ」と感じるママが本当にダメなママなのでしょうか?

いいえ、ダメなのはママ自身ではありません。ママの中にあるマイナス思考の仕業です。それが「ダメママ像」を作り上げてしまうのです。だから、「私はダメな母親だ」と感じやすい方は、そのマイナス思考を退治することで、気分の落ち込みを大幅に減らすことができます。ここで、典型的なものを3つご紹介しましょう。


”ダメママ”をあっという間に作り出す3つのマイナス思考
1. 完璧主義タイプ

完璧主義は代表的なマイナス思考の1つです。心の中で「~しなくちゃ」「~すべき」が習慣的に繰り返されているのが特徴です。するとどうなるかというと、自分で許せる範囲がどんどん狭まって、許せない範囲がどんどん広がっていきます。

つまり、1~100まであったら、自分で許せるのは90~100のみ、89以下は納得が行かない、こんな状況に陥ってしまうのです。普通の人だったら、「なかなか上出来」と思える89のレベルでさえも、「100点でないなら0点も同然」のように感じます。

許せる範囲が極端に狭いために、ダメだと感じる回数が増え、自己嫌悪に陥りやすくなります。


マイナス思考2. レッテル貼りタイプ

これは、自分や周りの人に、人間全体を否定するようなレッテルを貼るというマイナス思考です。もし誰かに、「使えない人」「人間失格」「最低人間」と言われたら、心にグサッとその言葉が突き刺さります。そして、すぐに、怒り、反抗心、絶望感などのネガティブな感情が出てくるはずです。

このように、簡単に感情を乱す要素が入っているのが、この「レッテル貼り思考」。負のスパイラルにそのまま直行してしまうほどの威力があります。レッテルを貼るのが日頃からクセになっていると、自分自身にもレッテルを貼ってしまいがちに。

「子供に優しくできなかった」というある日のたった1つの失敗で、「ダメママ」「母親失格」にまで発展させてしまうため、「ダメ感」が心の中に充満してしまい、自己嫌悪に陥ってしまいます。


マイナス思考3. 読心術タイプ

相手の行動を見て、その人が何を考えているのかを推測したことは、きっとだれでもあるでしょう。この「読心術思考」は、その読みグセがエスカレートしたもの。
「相手が自分のことを否定的に見ている気がする」と、ネガティブな方へと思いを馳せてしまう考え方です。

特に、これはママ友などの大人の人間関係のストレスと深いつながりがあります。
「あいさつがぎこちなかった」
「目を合わせてくれなかった」
「電話をかけ直してくれなかった」
のような行為を、「○○さんは私のことを避けている」と読んでしまい、「なぜだろう」「私の何がいけないんだろう」「私の育て方に問題があるのだろうか」と思い悩み、気持ちがどんどん落ち込んでいきます。

次ページでは、「自分をダメ母と感じやすい人への対処法」を紹介します。